北海道でカップ焼きそばというと…

マルちゃんやきそば弁当と焼うどん弁当
『やきそば弁当』のラインナップ。
『焼きうどん弁当』もあります。
2004年8月に『ペヤングソースやきそば超大盛』を紹介いたしました。多数のご感想をいただきましたが、その中に「北海道には『やきそば弁当』というカップ焼きそばがあるので食べてみてほしい」というご意見をいただきました。
 
そこで今回、北海道の知人にやきそば弁当を送っていただき、試食をすることといたしました。やきそば弁当もペヤングソースやきそばのように何種類かのサイズがあるということでしたので、全種類送っていただきました。ペヤングとの大きな違いはスープが付いているところです。

3種類のやきそば弁当を横から見た写真
3種類のやきそば弁当を横から見た写真。
やきそば弁当には普通盛、大盛りの『大判』、超大盛の『でっかいやきそば弁当』(ふたには『超盛』とある)があります。上から見ると並盛も超盛も同じ大きさですが、容器の高さが違います。並盛は高さ6cm、超盛は9cmです。

やきそば弁当の容器別比較

やきそば弁当の容器別比較表
ペヤング同様、3種類の容器別に内容量や成分の比較をしてみました(スープ込みです)。
ペヤングと比較しますと、若干こちらの方が内容量が大きめ(つまりカロリーも多い)です。カルシウムの量がペヤングよりすごく多いですが、原材料を見ますと炭酸カルシウムを添加していたのでした。