マカロンBEST5

数年前は「マカロンって何?」と言われることも多かったのですが、現在ではマカロン(正式にはマカロン・リス、またはマカロン・パリジャン)は、既に日本でも定番のお菓子に。

2008年7月に銀座三越にラデュレがOPENし、マカロンへの人気がさらに高まりました。ラデュレのマカロンについては、すでにご紹介しているので、ラデュレのマカロンを除いた、お薦めのマカロンBEST5をご紹介しましょう!

コロンとした見た目にも愛らしいマカロンは、手土産にも重宝します。お取り寄せできるお店もありますので、ご参考いただけると幸いです。

パティスリー西洋銀座

日経プラスワン「おすすめホテルスイーツ」ランキング(2008.5.24)にて全国第1位に選ばれた、旧ホテル西洋 銀座を代表する人気のスイーツです。

ホテル西洋銀座は惜しまれつつ2013年5月31日をもってクローズ。しかしながら大丸東京、日本橋三越、及びオンラインショッピングでパティスリー西洋銀座として、パティシエ浦野義也氏が、ホテル西洋銀座の味を引き継いでいます。

シェフパティシエ浦野 義也氏は2002年「ホテル西洋 銀座」シェフ・パティシエに就任され、以後2013年5月末の閉幕まで10年以上勤め上げた後、「パティスリー 西洋銀座」設立に参画。 「ホテル西洋 銀座」伝統の味と技術を継承。

ホテル西洋銀座のスイーツファンとしては嬉しい限りです。

薄いマカロンにラム酒の利いたレーズンとバタークリームを挟んだ、レーズンウィッチ的なユニークなマカロン。今までのしっとりとしたマカロンとはまた違った新たな味わいです。

卵白、アーモンドプードル、紛糖といったシンプルな材料で着色料を使用していない自然派のマカロンなので、幅広い方に親しまれるでしょう。

新鮮な卵白に紛糖を加えて極限まで泡立て、上質なアーモンドプードル(スペイン産マルコナ種)を混ぜた後、徹底的に気泡をつぶすという一手間をかけるため、薄くつややかなマカロン生地が仕上がります。

写真をクリックすると次のページに進みます
銀座マカロン
 


また、高温で短時間(約10分)で焼き上げるのも、この『銀座マカロン』のポイント。

特徴はその薄さだけではなく、間に挟んだバタークリーム。卵黄とシロップを攪拌したパータ・ボンブに発酵バターを合わせたもの。更にラム酒漬けのレーズンを加えることで風味がよくなります。

薄くつややかなマカロン生地、コクのあるバタークリーム、ラム酒漬けレーズンと、全てにこだわったオリジナルレシピにより、ホテル西洋 銀座ならではのユニークなマカロンが生まれました。

名づけて「銀座マカロン」。世界でただ1つ「銀座」で生まれたマカロンです。

写真をクリックすると次のページに進みます
銀座マカロン
『銀座マカロン』の断面

■パティスリー 西洋銀座 日本橋三越本店
東京都中央区日本橋室町1-4-1
日本橋三越本店 本館地下1階食品フロア
TEL:03-3241-3311(日本橋三越本店代表番号)

『銀座マカロン』
1箱 6個入り1,386円(税込) / 12個入り2,772円(税込)

*インターネットでも購入できます