2007年4月27日OPEN! 新丸ビル スイーツ情報


オフィス街のイメージが強い“丸の内”ですが、現在では丸の内オアゾ、丸ビル、TOKIAなどのショッピングも食も楽しめるビルが次々に登場。また丸の内仲通りはブランド街として定着しつつあります。

仕事ではなく立ち寄りたくなるような街に変わりつつある丸の内に、2007年4月27日にOPENした新丸の内ビルディング(通称:新丸ビル)。
新丸ビルには、全部で153もの店舗が入り、飲食店は40店舗。その中でスイーツ関係の主なお店をご紹介します。 丸の内線の東京駅の地下から直通1分でアクセスできる好立地。

一度立ち寄ってみてはいかがでしょう?
■INDEX■
町村農場丸の内(B1F)
イグレックプリュス+丸の内店(B1F)
キャトーズ・ジュイエ(B1F)
il Calandrino dolce,salato(B1F)
ショコラティエ パレ ド オール(1F)
アフタヌーンティー・ティールーム 丸の内新丸ビル(4F)

町村農場丸の内

町村農場丸の内
 
大正6年創業の伝統ある「町村農場(まちむら農場)」が北海道以外に初めてOPENするのが、この新丸ビル店。

自家牧場産のミルクや乳製品をふんだんに使った、美味しいアイスやスイーツなどを楽しめます。

カマンベールチーズケーキ(1ホール 1500円)には、1ホールのケーキに丸ごと一つの自家製カマンベールチーズを使用しているため、濃厚なチーズの味わいを楽しめます。チーズがもつ塩分を感じる大人の味わい。ワインとの相性もよいでしょう。

また、ミルクいちご(380円)は、ほのかな甘みとフレッシュなストロベリーの美味しさが格別です。 この一杯を飲みに、新丸ビルを訪ねたいくらいです。
そして牛乳と生クリームがなんとも美味!乳脂肪分40%の生クリームの濃厚ながらさっぱりとした味わい。

あまりの美味しさに、牛乳を手土産に買って帰りました。 生クリームも購入できないか聞いたところ、小売は現在されていません。
またバターの美味しさも広く知れ渡っています。
この美味しさは「土づくり、草づくり、牛づくり」を大切にされる牧場で生まれる牛乳そのものが美味しいからでしょう。 まさに牧場で味わうミルクの美味しさを楽しめます。

大都会東京の慌しい雰囲気の中、北海道の大らかなミルクの味わいに癒されるはず。


■店名:町村農場丸の内
■住所:東京都千代田区丸の内1丁目5-1 新丸ビルB1
■電話:03-5926-4900
■営業時間:月~金 07:30~21:00 土11:00~21:00 日・祝 11:00~20:00(不定休)
■席数:10席


イグレックプリュス+丸の内店 

igrekplus
 

「神戸北野ホテル」山口浩が手がけるホテルブティック「イグレックプリュス+」が関東初出店。 素材にこだわったケーキ、焼きたてパン、コンフィチュールを中心としたブティックです。

2001年12月神戸・北野の異人館通りに「イグレックプリュス+」の北野店開店を皮切りに、関西でお店を展開。4年間で6軒のお店をOPENされました。

フランスで修行されたシェフ多田征二氏(写真上)の作るケーキたちは、フランスで培った技術を存分に発揮。 パリにあるような香ばしいミルフィーユを作るためにパイ生地の焼き色にもこだわられたそうです。

また「ヴェルサイユ」(480円)というケーキは、“サーモンのオードブル”の美しい盛り付けをイメージしたケーキ。 サーモンのマリネに使用されているレモンやディルを使用し、ルビーのグレープフルーツの赤をサーモンに見立てて仕上げています。斬新な発想のケーキに脱帽です。

また5Fのレストランゾーンではig caféが同時にOPEN。フレンチスタイルのカフェ。バリスタの技とともに、ショーケースにはイグレックプリュスと同様、パティシエ自慢のケーキやブーランジェのこだわりパン、サンドウィッチなどが並びます。

■店名:イグレックプリュス+丸の内店
■住所:東京都千代田区丸の内1丁目5-1 新丸の内 ビルディングB1F
■電話:03-3212-1909
■営業時間:10:00~21:00 / 日祝11:00~20:00
■席数:テーブル5席


■店名:ig café(イグカフェ)
■住所:東京都千代田区丸の内1丁目5-1 新丸ビル5F
■電話:03-5842-1919
■営業時間: 月~土 11:00~23:00 日・祝 11:00~21:00