イートインの出来たてスイーツ

店内

東京ミッドタウン店は、イートインスペースを14席に増やし、シェフがお酒が好きだということもあり、スイーツに合うアルコール類も用意。

また食事の後にデザートを食べたいというお客様のご要望に答え23:00までOPEN(L.O.22:00)。
まさに不夜城の六本木にふさわしいパティスリーの誕生です!

ビスキュイクーラントショコラ ミルクチョコアイス添え

ビスキュイクーラントショコラ ミルクチョコアイス添え
「ビスキュイクーラントショコラ ミルクチョコアイス添え」1200円
ストロベリーとラズベリーで飾られた華やかな一皿の中心に、この柔らかなクーラントショコラが鎮座しています。

鎧塚シェフは、ショコラが崩れソースが流れ出ないように細心の注意を払って、このクーラントショコラを優しく扱っていました。

ナイフを入れると溢れでる熱いチョコレートのソース。

そして、中に隠れたラズベリーソースのおかげで、ラズベリーの爽やかな酸味と香りがチョコレートソースの中に溶け込んで、なんともいえない美味しさ。

フランボワーズとブルーベリーのスフレ

フランボワーズとブルーベリーのスフレ
「フランボワーズとブルーベリーのスフレ」1200円


目の前でスフレ生地がココット型に入れられ、さらにオーブンで膨らんでいる様子を見ながら待っていられるのがカウンター席の魅力。ふっくらと、今にも爆発してしまいそうな焼き立てのスフレが目の前にサービスされた時には、歓声をあげてしまいます。

通常フランスやアメリカのスフレは表面を平らにするのですが、ヨロイヅカシェフのスフレはこんもりと山のように盛った状態でサービス。スイスで食べたスフレが同様の形だったので、スイス式なのでしょう。

中にはフレッシュなブルーベリーとクレームパティシエールが隠れています。このフレッシュなブルーベリーがアツアツで、口に含むと弾けるように熱い果汁が口の中にほとばしります 半分ほど食べた頃に、ブルーベリーのソースが登場。ソースを注ぎながら、スフレを崩しつついただくと、また違った味わいになり、2度楽しめます。

【関連ページ】東京ミッドタウン スイーツ速報