名古屋にはご当地ラーメンとして有名なラーメンはないが、プチご当地的なラーメンはいくつかある。そのうちの一つ「好来系」を紹介してみたい。

「総本家 好来道場」外観

外観
総本家 好来道場 外観
 「好来系」とは、1959年名古屋市千種区に創業した「好来」が元祖(総本家)で創業者は楓彰氏。何度か閉店~再開を繰り返しているが、最近では2002年3月に閉店し、同年8月に再開。2004年6月にまた一時閉店したが、2005年2月に「好来道場」と名前が変わり、1日80食限定の昼のみ営業で復活した。

 麺茹では不思議な形をしたザルで、四つの麺が同時に茹でられるように仕切られている。私はこのザルを名古屋でしか見たことがない。メニューが松・竹・寿などの呼び名になっており、前払いで食券替わりに木の札を使っている。

 麺はやや太めのストレート麺で若干ウエイブ、やや短め。島田屋製麺で作っており、弟子もここの麺を使うことが多い。

 完全な暖簾分けではないので、店ごとに微妙に特徴が変わってくるのが面白い。カウンターには,高麗人参酢,自家製ラー油がある。スープを残すと怒られた、という伝説もある。でもスープを飲み干すには結構な量で連食中の私は飲み干せなかった。


店是 五ヶ条

五ヶ条
店是 五ヶ条
店内に掲げてある「店是 五ヶ条」。

一、大金を求めないこと
一、本業以外での金儲けを禁ず
一、仕事を楽しむこと
一、雑草の如く生き抜くこと
一、自分に勝つこと

初代好来 店主楓彰

基本メニューの「松」 800円

松800円
基本メニューの松 800円
 「好来道場」の基本メニューは「松」で800円。一般店のチャーシューメンにあたる。弟子の店にはシンプルなメニューがある場合もあるが、ここでは一番安い基本メニューがこの「松」になる。メンマ多めが「竹」1000円、チャーシュー多めが「寿」1000円などとなっており、この「松竹寿」が好来系の特徴でもある。たまに「梅」を使っている場合もある。

 チャーシューには三河もち豚を使っている。スープは鶏ガラ7割と豚骨3割、根菜類(玉ねぎ、人参、ニンニク)、魚介(かつお、ムロアジなど)、昆布などを煮込む。食べる際に好みで高麗人参酢や胡麻ラー油を加えて食べる。

このスタイルの店が名古屋周辺には多く、この「好来」(好来道場含む)から巣立っていた店だけでも20近くある。これはもはやプチご当地ラーメンであり、これらを総称して「好来系」と呼ばれているのである。

<店データ>
■総本家 好来道場
所在地:愛知県名古屋市千種区春岡通6-1-16
電話番号:052-735-4013
営業時間:11:00-14:00(麺切れ終了)
定休日:水曜
地図:Yahoo!地図情報

●好来系店舗一覧はこちら→