連食シリーズとして、少々昔のラーメン実食レポートを紹介したいと思います。今回は人気店の「元祖一条流がんこ」の食べ歩きレポートです。データや感想、店名の表記などは、当時のままになってますのでご注意ください。また、この頃はネットがあったにしても情報不十分だったことをご理解いただけたら幸いです。
▲今の「元祖一条流がんこ」のあっさり中華そば


■がんこラーメン食べ歩記(1996年7月)
がんこラーメンは、チェーン化してしまうのか?という危惧をいだきながら、実はそれぞれの店にそれぞれのこだわりがあるのでは、という期待も持ちつつ、複数のお店を回ってみようと思い立ちました。
徹夜麻雀明けのため目覚めが午後2時過ぎ。がんこラーメンを連食してみよう、と思いついたのはいいが、何時に行動すべきか?確か、夕方6時以降のオープンが多かったような気がしたが・・・。田町が5時頃開いていた記憶があるぞ。と田町5時着で家を出ました。

●1軒目、田町。いきなり休み。もう少し調べりゃ良かったと後悔。おばさん(ご主人の奥さんでしょうか?)が一生懸命、掃除をしていました。ドアには営業時間11:00~14:00、16:00~23:00 土日祝休み、と書いてありました。トホホ・・・。

●2軒目、青砥。以前、TVで看板のないラーメン屋さんと紹介されたことがある店です。(その頃のご主人は今、三田にいます。)店に着くと6時頃にオープンします、と張り紙が。しばしの時間パチンコを。5000円も負けてしまいました。6時過ぎたので行ってみると8人並んでいます。15分過ぎにようやく開店。メニューはこってり・あっさりのみ。さすががんこラーメン。こうでなきゃ。奥に座敷があり家族連れが座っていました。店員はおやじさん含め二人。麺を茹でるときには壁の時計を見ながら茹でています。これは、がんこの特徴。1個を10秒おきに茹でています。カウンターから寸胴を覗くとリンゴとニンニクが浮いていました。とろけるようなチャーシューが2枚付いて700円。こってりを頼んだがしょっぱくてスープを残しました。徹夜明けが効いたかな?おやじさんは決して頑固そうではなく、気の良さそうなおじさんでした。

●3軒目、秋葉原へ。むむっ。閉まっているぞ。スープがうまくできなかったのかな?などと思いつつ覗いているとおやじさんが出てきました。「ごめんねえ、土曜くらい早く終わらせてよ。ごめんねえ。」と謝られる。決して頑固おやじではありません。気のいいおやじさんです。平日は8時までですが土曜は7時までとのこと。着いたのが7時ちょっと過ぎで残念。

●4軒目、千駄ヶ谷(四谷三丁目との中間くらい)へ。青戸(駅は青砥ですが住所は青戸)の味がしょっぱかったのがいまだにつらい。駅から結構あるのでタクシーで。(680円で行ける)ここは初代総本家なので期待。あっさり・こってり以外に普通という注文がありました。料金は800円。他店より100円高いのは総本家の意地か?しかし、メニューを見ると玉子とワンタンがあり、それを入れても同じ800円なのは意外。さらに両方入りでも800円。ワンタンは少し時間がかかるらしいので玉子入りの普通(こってりは青戸で懲りた)を注文。やはり、時計を見ながら麺を茹でます。初代でもまだ時計を見て茹でているのだ、とそのこだわりに感心。TVではがんこラーメンが紹介されたビデオを編集して流していました。(おいおい、がんこらしくないぞ、と思いつつそれを眺めて待つ)よく見りゃ壁にはサイン色紙が・・・。ややミーハー的な感じに苦笑。店員は初代総本家と他に二人の若者。寸胴を覗くとリンゴ・ネギ・昆布が浮いていました。現在のスープの味は7代目の正油味と壁に書いてあります。さて、お味は、と食べてみると、これはうまい。さすが初代。奥行きのあるうまさです。これぞがんこの味。誉めすぎの気がしないでもないですが、青戸でちょっとしょっぱすぎた分、感激もひとしお。徹夜明けの不調などなんのその、きれいに完食。やっぱり、うまい、と改めて満足&感激。