Aoビルにオープンした「TWO ROOMS GRILL | BAR」!

TWO ROOMS GRILL | BAR
「TWO ROOMS GRILL | BAR」のウォーターテラス席。

「ここって、青山?」。そんな錯覚を覚える、快晴のウォーターテラス。水が街へ流れ込むような眺めの中、思い思いのカクテルを前に、外国人が寛ぐ姿は、なんだか絵になる光景です。

ここは、2009年3月26日オープンのグリル&バー。「Aoビル」5Fのフロアを占有する「TWO ROOMS GRILL | BAR」です。

いいレストランという思いがクレッシェンド。

TWO ROOMS GRILL | BAR
ウォーターテラスに続くラウンジ&バー。

こちらは、以前、「Aoビル」の記事でもご紹介しましたが、ラウンジ&バーとダイニング(2つの空間=TWO ROOMS)が、ウォーターテラスとガラスのブリッジで結ばれた店内。

TWO ROOMS GRILL | BAR
ユーカリ、ローズマリーなどのハーブが飾られたダイニング。

最初のインパクトが強いと、その後、感動がデクレッシェンドしてゆくお店も多い中、ここはプレス発表会にはじまり、友人とのランチ、取材と、1ケ月に満たない間に3度足を運びましたが、その都度、いいレストランだなという思いは、強くなる一方。

その理由は、お料理の満足感と並ぶ、サービスの良さ。

ホテル出身に由来するホスピタリティ。

TWO ROOMS GRILL | BAR
真ん中:シェフ、マシュー・クラブ氏。
左:エドワード・バフォー氏。 右:ネイスン・スミス氏。

そのルーツをひも解いてみれば、なるほどね。こちらの立ち上げにたずさわった3人の男性は、いずれもホテル出身。

シェフ、マシュー・クラブ氏は、「パーク ハイアット 東京」の「ニューヨークグリル」総料理長、「グランド ハイアット 東京」副総料理長、「ハイアット リージェンシー 京都」総料理長として、腕を振るってきた経歴の持ち主。

また、マネージャーのネイスン・スミス氏は、「グランド ハイアット 東京」の「オークドア ステーキハウス アンド バー」の立ち上げ、「パーク ハイアット チューリッヒ」「パーク ハイアット ソウル」などハイアットインターナショナルの新規ホテル開業を支援。また、「グランド ハイアット 東京」の副料飲部長、「パーク ハイアット 東京」の料飲部長を歴任。

そして、バーを担当するエドワード・バフォー氏も、「グランド ハイアット 東京」の「ザ オークドア バー」でマネージャーとして運営を担いました。

レストランでありながら、レストラン以上のホスピタリティを感じさせるのは、今までそれぞれが培ってきた、ホテル由来のセンスも一役買っているようです。

TWO ROOMS GRILL | BARTWO ROOMS GRILL | BAR

次ページでは、お手頃価格のランチSETS「The Cow」をご紹介します!