目黒川沿いの鮮やかな新緑を楽しむリストランテ。

カシーナ カナミッラ
「リストランテ カシーナ カナミッラ」の窓側席いっぱいに広がる目黒川の桜(3月下旬取材時)。

2008年3月25日、白金台から目黒川沿いに移転オープンした「リストランテ カシーナ カナミッラ」。桜が目線の窓いっぱいに広がる、新築ビル2Fの店内は、まさに夢うつつのロケーション。現在は、生命の息吹を感じさせる新緑へと移り変わりつつあります。

お料理はとにかく、「おいしい!」のひと言に尽きる! メニューを見た時は、もしかすると一般的なランチコースのお値段設定より1,000円づつくらい高いかなと思ったのですが、味わってみれば、それは納得。どのお皿もアイデアに満ち溢れ、今まで行ったイタリアンレストランの中でも、とりわけ群を抜いたおいしさでした。

「BUON RICORDO(ブオン・リコルド)」加盟の一店。

カシーナ カナミッラ
「リストランテ カシーナ カナミッラ」の「BUON RICORDO コース」でプレゼントされる、シンボルのオリーブを描いたオリジナル絵皿。

それもそのはず。ここは、イタリア郷土料理を大切にする「BUON RICORDO(ブオン・リコルド)」に加盟するリストランテ。「ブオン・リコルド」とは、イタリア語で“よき想い出”。1964年にイタリア・ミラノで設立された協会です。

当時12店舗しかなかった加盟店も、今や本国イタリアをはじめ、アメリカ、スイス、オーストリア、香港、シンガポールなど110数店。日本でも、「ict食文化企画」と「イタリアICT」の仲介で1998年に誕生。イタリア郷土料理の素晴らしさを広めるため、ここ「リストランテ カシーナ カナミッラ」をはじめ、現12店舗が加盟しています。


ランチに花を添えるLavandaラヴァンダ&トニック。

カシーナ カナミッラ
香り、色ともラベンダーを堪能できる「ラベンダートニック」。

今回、そんなランチの始まりに花を添えたのが、食前酒にオーダーした「Lavandaラヴァンダ」。色は普段飲むスプマンテとさほど変わりませんが、喉を通る時、ふっと立ち上ぼるラベンダーの香りが、なんとも言えず甘美な気持ちにさせてくれます。これは、漬けすぎるとすぐ苦味が出てしまうラベンダーを、シロッップを作る要領でうまく煮出し、スプマンテと調合したもの。

カシーナ カナミッラ
「リストランテ カシーナ カナミッラ」の入口を、3F階段から見下ろした写真。
この他、もっとラベンダーを楽しみたい人には、ノンアルコールになりますが、「ラベンダートニック」もお奨め。こちらはラベンダーのパープルがしっかり出ていて、香り、色ともラベンダーを堪能できます。

4月からは、アロマテラピーのオイルの原料にもなっている、ブルガリアンダマスクローズを使ったスプマンテも登場するよう。

それでは次ページでは、「BUON RICORDO(ブオン・リコルド)」加盟の威力を見せつける「リストランテ カシーナ カナミッラ」渾身のランチコースをご紹介します!

【関連記事】
「BUON RICORDO(ブオン・リコルド)」に加盟するトラットリア
IL BOCCALONE(イル・ボッカローネ)