『天国と地獄』で使われたレストラン。

秋の二夜連続特別企画。撮影のためスタッフ宿泊場所となったひとつがこちらです。「モダンジャパニーズ」をコンセプトにした品のあるホテル。皇室や文化人の方々からも親しまれ、32年です。
金沢ニューグランドホテル(金沢)

撮影のためスタッフ宿泊場所となったひとつがこちらです。美味しい寿司店が集まる寿司屋通りにも近い素敵なホテル。小樽の街並みを眺めるレストランもあります。
オーセントホテル小樽(小樽)

撮影のためのスタッフの宿泊場所となったひとつがこちらです。小樽運河にも徒歩1分の立地にある、ノスタルジックなホテル。シンプルで落ち着くCoffee Shopもあります。
ホテルヴィブラントオタル(小樽)

妻夫木聡さんがオルゴールを購入する場面で使われました。3000種以上の品が揃うオルゴール店。撮影の品は「光る☆3Dクリスタルボール【地球儀】」のゴールド(2,730円)。
小樽オルゴール堂本館(小樽)

妻夫木聡さんが女性にオルゴールをプレゼントする場面で使われました。ランプの灯りに包まれた幻想的な喫茶店。丼ものなどのカジュアルな食事もセルフサービスで楽しめます。
北一硝子 北一ホール(小樽)

妻夫木聡さんが室内にいる佐藤浩市さんを双眼鏡で眺めるシーンで使われたのが、商業施設「WING BAY OTARU」内の「レインボークルーザー」という大観覧車です。
レインボークルーザー(小樽)

『生きる』で使われたレストラン。

秋の二夜連続企画。雨の中、体調が悪そうな松本幸四郎さんを北村一輝さんがジャズバーへ促す場面、そのバーで搾り出すように歌う松本さんを北村さんが背後から見守る場面で使われました。
Jazz Spot DOLPHY(桜木町)

深田恭子さんがお茶をしながら松本幸四郎さんに退職願のハンコをもらう場面で使われました。ゆであげパスタや自家製ケーキがいただける喫茶店です。
カフェテラス 茶帽子(秦野市)

『ロング・ウェディングロード!』で使われたレストラン。

広末涼子さんらが向かいのお好み焼き店やお隣の服屋さんでの撮影する際の控え室として使われました。「くつろぎ」をテーマにした和食ダイニングです。
旬彩御馳走や 辰(大阪)

広末涼子さんと永井大さんが会う場面で、こちらのアクアダイニングが使われました。滝や小川に囲まれて旬を舌鼓できる旬菜料理店です。
月の蔵 銀座(銀座)

紺野まひるさんが娘役のお好み焼き店として外観が使われました(店内はセット)。小くても味の良さが評判。秋野暢子さんの下着店として使われたのは、近くの「にんじんや」。
双月(大阪)