最近のRPGの定番なのがキャラクターの愛くるしい可愛さですね。5月から正式サービス開始予定の『ストラガーデン』もユーザーの心を掴んでとりこにしてしまいそうです。

『ストラガーデン』の世界観ですが、お約束のファンタジー世界を舞台に所属できる国も4ヶ国が公開されています。どの国も特色を持っており商業国家から武器・装備も充実している軍事国家まで出発の国を選ぶだけでも、自分が築いていくストーリーに大きく左右されるかもしれません。自分のキャラクターを作る上で楽しい悩みが増えそうですね。

何をとってもカワイイ世界観をもっていますが3Dで表現されたキャラクターは髪型などの頭部、顔、服装などから足まで・・・組み合わせにより
約1億通りの組み合わせが可能です。同じレベルのパーティーを組んでも、隣のキャラクターと全く同じグラフィックには、ならないようですね。

装備品も身につければ、ちゃんとグラフィックが表示されるのです。ファンタジーとは全然関係のないような装備もあったり。これだけバリエーションがあれば各プレイヤーの個性も出せるもの。見た目にもプレイヤーのセンスがキラリと光りそうですね。

キャラクターには冒険する過程で必要となるスキルが存在しており各スキルは約300から400種類が導入予定です。戦闘に有利になるスキルや2次的な生産性スキルによって商売なども可能です。これはペットシステムかな?と思わされるのが、倒したモンスターを自分の仲間にできること。冒険を共にすればモンスターも成長して独自のスキルも覚えてくれるのだ。なんだか頼もしいヤツになってほしいです。


パーティーを組んでのプレイは5人までですが、肝心の戦闘シーンは・・・おおっーと、これはどこかで見たような戦闘システム!見た人はニヤリとしてしまうでしょう。
『ストラガーデン』は『ストーンエイジ』『クロスゲート』を運営してきたドワンゴフロム・ソフトウェアが共同で設立したフロム・ネットワークスが開発を担当なんですね。

エンカウントバトルと呼ばれる戦闘システムは敵も味方も同時に行動を選択して行われるシミュレーション要素が強いシステム。地形によっては高低差がある戦闘専用のフィールドで行われます。アクション性の高いゲームが苦手な人にも優しいシステムですね。

正式サービスは5月を予定している。


『ストラガーデン』公式サイトはこちら

(c) 2004 FromNetworks,Inc. c 2004 DWANGO Co., Ltd. /
Published and Distributed in Japan by Sammy


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。