それは男子の一般教養だ

ジョン・ウー監督の『レッドクリフ PART1』が絶賛上映されていますが、双六屋の「三国志」体験は、中学生の時に出会った吉川英治の小説であり、横山光輝の漫画でした。

その無類のおもしろさに、毎夜のように徹夜をして一気に読破したことを憶えています。

三國誌争覇戦

タイトル:三國誌争覇戦
メーカー:巨門文具實業股份有限公司
プレイ人数:2~4人



三国志は男子にとっての永遠の古典であり、映画、漫画、小説、デジタルゲームとあらゆるメディアの題材になっていますが、もちろんボードゲームにもなっています。

台湾産三国志ボードゲーム

三國誌争覇戦
ボックスは、ビデオのケースが利用されていた。肝心の中身はこんな感じです。
日本国内でみると、古くはホビージャパンの『英雄三國志』、エポック社の『エポック 三国志演義』

最近だとゲームジャーナルの『魏武三国志』『謀略級三国志』など、枚挙にいとまがありませんが、双六屋の所有のものは『三國誌争覇戦』というタイトルで、台湾産のものです。


三國誌争覇戦
周回するボードといい、権利書によく似た土地カードがあったりと、かなりモノポリーライク。まあルールはわからないので断言はできませんが。
う~ん、まあ、台湾語が読めるわけではないので、軽率に判断はできませが、コンポーネントやルールブックの字面を見る限り、これってモ●ポリー・・・ だよな!?


ただボックスにもコンポーネントにも、" target="_blank">ハズブロ社のロゴが入っていないところをみると、完全にパチもの。ネタポリーの一種ですね。

ネタポリーにツッコミを入れようと思ったが・・・→