その一手に秘められたものとは

実はCACOMOには2つの狙いがあります。CACOMOを導入に囲碁へと人々が流れてきくれればよし、またそうでなくてもCACOMO自体が人気になり、これ単体で大きく育ってくれてもよし、の2段構えだったのです。

CACOMO
このようにウッディなCACOMOも製作されている。
前述の豪華ボードも、単に象徴というだけではなく、将来、ナショナル・ワールドチャンピオンシップが開かれるようなメジャーゲームにCACOMOが育ったときに、その頂点を決める決定戦に使用するボードという実用的な意味もあったのです。

CACOMOという一手の裏には、いろいろな意思が秘められていたというわけです。

CACOMOの歴史はまだ今年が創生元年です。今後このゲームがどう育っていくのか引き続きウォッチしていきたいと思いました。

本日のCACOMOな関連・参考サイト

CACOMOの部屋
プロ棋士が開発したボードゲーム「CACOMO」の奥深さ ダイヤモンド・オンライン
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。