第3位 バッティングが熱すぎる『ハゲタカの餌食』

ついこの前記事にしたばかりですが、やはり、確実に盛り上る傑作ゲームとしてセレクトしました。

ハゲタカの餌食
実勢価格:¥1,785(税込)


タイトル:ハゲタカの餌食
原題:Hol's der Geier
メーカー:Ravensburger 
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:20分位


手札から数字カードを1枚、「せーの」で全員が場にオープン! もっとも大きい数字を出したプレイヤーがそのラウンドに勝利し、得点カードをゲットします。

『ハゲタカの餌食』
ボードゲームの神様、アレックス・ランドルフの代名詞ともいえる傑作
ただし問題は、バッティングという巧妙なルール。

そのラウンドで単独1位でないと、勝利できません。

最高値を出したプレイヤーがバッティングで共倒れになり、思わぬ低い数値で勝ててしまうハプニングが最高に盛り上ります。

『ハゲタカの餌食』のパラメーター
対応人数:★
中毒性:★★
花見肴度:★★


第2位 イタリア軍を骨抜きにした『クク(カンピオ)』

ククはトランプのように、そのデッキでいろいろな遊び方ができるカードゲームです。その遊びのなかでも抜群なのが「カンピオ」(英語でチャンピオンの意)というゲーム。その名の通り王道的なおもしろさです。

『クク』
価格:¥2,100(税込)
※チップ付は¥2,730(税込)
タイトル:ククカード
原題:CUCCO
メーカー:グランペール
プレイ人数:2~38人
プレイ時間:30分~1時間位


手札はたったの1枚。このカードの数字の強弱で場のチップを争奪します。カードの中には特殊な働きをするものも交じっており、これがハプニングに次ぐハプニングを呼びます。

大きな数字を持っていれば、必ず勝てるとは限らないというのがおもしろいところ。

ククの危険なほどのおもしろさは、次のような話が伝わっているくらいです。とある戦争で連敗続きのイタリア軍。

上官がその理由を探ってみたところ、兵士たちがククにあまりに熱中し、毎晩徹夜をしていたことが判明。即座にクク禁止令が発令されたとか。

『クク』
ひょっとしたらイタリアを滅ぼしていたかもしれない!? 手札1枚なのに実におもしろいカードゲーム
2人から、最大38人まで遊べるというプレイ人数の幅さも強み。どんな大宴会でも全員で遊ぶことができるでしょう。

1位に推していい傑作なのですが、チップを使用する手間があったので、僅差で2位としました。

対応人数:★★★
中毒性:★★★
花見肴度:★★★

双六屋の選ぶお花見ベストゲームはこれ!!→