AとDの融合・アイオブジャッジメント

THE EYE OF JUDGMENT BIOLITH REBELLION 機神の叛乱
『THE EYE OF JUDGMENT BIOLITH REBELLION 機神の叛乱』
ソニー・コンピュータエンタテインメント
プラットフォーム: PLAYSTATION 3
参考価格: ¥ 9,980(税込)
こんにちは! プレステーションガイドの双六屋です…… 

というのは、もちろん冗談ですが、本日取り上げたのはプレステ3で発売された『THE EYE OF JUDGMENT BIOLITH REBELLION 機神の叛乱』(以下『EOJ』と略)というソフト。

「何ゆえに、アナログゲーム(ボードゲーム)のガイドがデジタルゲームを?」「お前はデジタルゲームに魂を売ったのか!」

と、疑問やお叱りの声を持たれる方も多々あられますでしょうが(といってもこの双六屋、もともとデジタルゲームも遊ぶライトユーザーだったりします)

この『EOJ』は、双六屋の守備範囲であるアナログゲームと、デジタルがゲームが見事に融合したものすげぇーハイブリッド作品なのです。いや~、久しぶりに掛け値なしに、度肝を抜かれるゲームでした。


クリーチャーをマジで召喚できる快感!

アイオブジャッジメント
PLAYSTATION®Eyeがプレイヤーを未体験のゾーンに誘う!
ゲームのベースは、トレーディングカードゲーム (以下「TCG」)です。

目の前にはテーブルに敷かれたプレイマット。ここはリアルのバトルフィールド。プレイヤーは通常のTCGのように、自分のターンが来たらこのプレイマット上にカードをプレイします。

しかしここからが、『EOJ』の真骨頂。



画面狭しと次々に召還されるクリーチャー


プレイマットの上空に設置されたカメラ・PLAYSTATION®Eyeによって、カードのコードが読み取られ、モニター映し出されたバーチャルのバトルフィールドでは、カードのフェイス上に、クリーチャーや機巧と呼ばれる兵器が召喚されるのです!

知るとやるとじゃ大違い。ひたすら感嘆

アイオブジャッジメント
プレイしたカードがきっかけとなって、それがモニターに反映される様子は感動モノ。気分はリアル魔道士
発売前からこのことは話題になっており、ネットでデモ画面なども見ていましたが、やはり自分がカードをプレイし、実際にその召喚を目の前で見るマジで感動します。

正直、プレイ中に何度「すげぇ~~!!!」と感嘆したかわかりません。


(C)2007 Sony Computer Entertainment Inc.

さらに驚き!クリーチャーに触ることができる→