揮発性の高いタイルゲーム『スクイント』

ルールがシンプルですぐにゲームがはじめられ、かつ初心者が混じっていても、文句なく盛り上がれるゲームのことを、双六屋は「揮発性の高いゲーム」と呼んでいます。

今回ご紹介する『スクイント』は、『ハリガリ』や『アップル・トゥ・アップル』のように、すぐに引火して爆発的に盛り上がる揮発性の高いゲームの一つです。

スクイント
タイルをつなぎ合わせて絵を創りだす「絵スチャーゲーム」スクイント!

ゲーム名:スクイント
原題:Squint
メーカー:Out Of The Box
プレイ人数:3~8人
プレイ時間:20分位



スクイントは、プレイヤーの一人が出題者となって絵を描き、他のプレイヤーは解答者となって、それが何かを当てる「絵スチャーゲーム」の一種です。

しかしスクイントではペンなどの筆記用具は使用しません。いろいろな線がプリントされたタイルをつなぎ合わせて絵を創るのです! これが他のゲームにはない、抜群にユニークな持ち味になっています。


名も知れぬ天才画伯たちの展覧会

さあ!スクイントを遊ぼう
創造力を必要とするパーティーゲーム。子供でも理解できるルールなので、ファミリーで遊ぶのにもオススメ!
先日、友人宅で行われたホームパーティーにスクイントを持参して遊んできました。

このゲームの魅力は、出題者が1分という制限時間内に作り出すアートです。この日、天才画伯たちによって出展された名作・珍作・怪作をカメラに収めてきました。

百聞は一見にしかず! みなさんも解答者になったつもりでぜひバーチャルスクイントに挑戦してみてください。

天才たちの傑作の共演はこちら→