オバケのかわいさだけでメロメロ

オバケの階段
数あるボードゲームのコマの中でも屈指のかわいさを誇るオバケコマ。しかしこいつらただキュートなだけではない!
みてください! このめっさかわいいオバケを。これは『オバケの階段』というボードゲームのコマ。見た目だけではもちろん遊んでもとてもたのしい優秀な作品。

そしてこのゲームには、ドイツのクラフトマンシップに裏打ちされた多くの秘密があります。それは・・・


秘密1 これはドイツ一、いや世界一のボードゲームなのだ

ドイツには、ドイツ年間ゲーム大賞(Spiel Des Jahres 以下SDJと略)という優れたゲームを表彰するアワードがあります。SDJのゲーム界におけるその注目度の高さは、映画におけるアカデミー賞に匹敵する権威があると思っていただければまず間違いありません。(実際、受賞後はミリオンセラーになる作品もあるほどの影響力!)


この『オバケの階段』は2004年のSDJの「子供ゲーム賞」を制した受賞作!!! ある意味ドイツで最高、いや世界最高の子供用ボードゲームであると証明済みのゲームなのです。


秘密2 エコロジー大国ならではの素材重視のプロダクト

ドイツ産ゲーム全般にいえることですが、コマやサイコロなどのコンポーネントにプラスチックが使われるケースは少なく、紙や木材といった自然素材を利用しているのが特徴です。

これには理由があります。ドイツはエコロジーに対する意識が大変高い国です。そのためゲームに限らず、あらゆる工業製品において、メーカーがリサイクルの難しいプラスチックを使うと、消費者から嫌悪感をしめされ敬遠される傾向にあります。(不買運動にまで発展する例も過去にはあった。)



冒頭のオバケも、一見プラスチックに見えますが、実は木材を削りだしたもの。効率よりもエコを、そして何よりも子供が直接手で触ることを重視して、自然素材にこだわっているのです。

さらに秘められたドイツ産ボードゲームの秘密とは→