理想的な勝利とは?

武田信玄はこう述べています。「九分の勝ちをもって下とす。七分の勝ちをもって中とす。五分の勝ちをもって上とす。」 完膚なきまでの勝利は、自らの驕りを招き、また敵からは恨みをかいます。相手に「この人には到底かなわない」とあきらめさせる。あるいは「自分の未熟さで負けた」など、あなたの強さを相手に気づかせることなく、敗北によって生まれる負のエネルギーを敵自らの心の中に向けられたのなら、それこそが完全な勝利なのかもしれません。


楽しくやってみんなが得して、最後に自分が勝つというのはある意味理想ですよね。
だから負かした相手に「このゲームおもしろかったですね」といわれるのが一番好きですね。

 岡田 豊(2000年度 モノポリー世界チャンピオン)
『世界一の大富豪になった男』から



始めの賭け方はみんな心得てるんですけど、次第に賭けがせり上ってくると頭が混乱してくる。
勝つカードを握っておき、負けるカードを捨てるという、この区別が頭の中でできなくなるんですよ




交渉の持ち掛け方、断り方、どれをとっても
言い方ひとつで相手に与える印象は違ってきます(中略)
ソフトな交渉で気持ちよく相手を破産させてあげてください。

百田郁夫 (88年・モノポリー世界チャンピオン)
ほぼ日刊イトイ新聞 モノポリーページ モノポリーエッセイから



金をテーブルの上におき、
チップと交換して、ゲームが終わったらそれをまた金に換えて計算する。
それが勝ったのか負けたのかを知る方法だ。

死に物狂いの努力も、哲学的な思想もない。しっぺがえしもない。
簡単なたし算と引き算があるだけだ。

『片目の説教師』(テッド・サクリー・ジュニア 高橋豊訳)ハヤカワ文庫から



なあ、チェスのプレイヤーが陥りやすい罠を教えてやろうか(中略)
相手に好奇心を持つことさ。相手の私生活を知ろうとすることだよ。
勝つのに何の役にも立たないことを知りたがる。

『コフィン・ダンサー』(J・ディーヴァー 池田真紀子訳/文春文庫)から



牌の切り方も大差はない。ではどこで差がつくか。
その秘密はここである。相手に運を無駄に使わせて自滅にさそいこむのだ。

『Aクラス麻雀』(阿佐田 哲也/双葉文庫)から