「闘茶」はお茶の味当てゲームです。その正誤で得点をつけて順位を競う遊戯です。以前からこのサイトで日本の伝統遊戯も紹介したいとおもっていました。その競技方法や道具に日本独自の雅さや風格をもつものが少なくないからです。闘茶はそんな遊戯の一つです。これが体験できるお店が横浜にあります。


戦いを静かに待つ茶器の数々・・・

しかし一人では競技になりません。AAJの2名のガイドさんに参加をお願いしたところ御両名から快諾をいただきました。という訳で…

コラボレーション企画『闘茶で3ガイド風流対決!』と相成りました。さてご参加いただいたガイドは…


中国茶ガイド 平田さん AAJでお茶といえば平田さん。お茶で本まで出版されるほどの方。お茶の知識・経験値で他ガイドを寄せつけるはずもなく、そもそもお茶で勝負を挑むことが間違い!? もちろん今回の優勝最有力候補。



横浜ガイド 田辺さん ハマの大魔人ならぬハマの大達人の田辺さん。この街のあらゆることに精通。ホームタウンデシジョンはこの方にある。当然数々のグルメスポットに足を運び、その鍛えられた味覚と地の利は闘茶においても思う存分発揮されるはず!


カード&ボードゲームガイド 双六屋 強いていえば両親が静岡出身のため子供の頃よりお茶は良く飲んでいたが祖父母が送ってくる銘柄のみ。しかし例え不利なルールでもゲームと名のつくものにおいて他のガイドにおくれをとるわけにはいかない!



闘茶の準備ができるまでお菓子で舌鼓

前述のとおり会場は横浜のお店ですがここのロケーションやメニューがなんともユニーク。 さていよいよ競技開始です!