個人間の取引ならPSE法もカンケーなし!

PSE法が施行されたからといって、中古ゲーム機の購入が完全に不可能になるわけではありません。たとえば、ネットオークションなどの「個人間の取引」なら、4月1日以降も何の問題もなく行うことができます。ただし、複数の商品を同時に売ろうとすると「事業」と見なされて、PSE法の規制対象になる場合があるので注意が必要です。

◆PSE法の対象になるゲーム機一覧
ファミリーコンピュータ2008年4月よりACアダプターが規制対象
PCエンジン2008年4月よりACアダプターが規制対象
メガドライブ2008年4月よりACアダプターが規制対象
ゲームボーイシリーズ規制対象外
スーパーファミコン2008年4月よりACアダプターが規制対象
ネオジオ2008年4月よりACアダプターが規制対象
3DOリアル2006年4月より規制対象
セガサターン2006年4月より規制対象
プレイステーション2006年4月より規制対象
PSone2008年4月よりACアダプターが規制対象
PC-FX2006年4月より規制対象
バーチャルボーイ規制対象外
ニンテンドウ642008年4月よりACアダプターが規制対象
ドリームキャスト2006年4月より規制対象
プレイステーション22001年4月以前製造の本体が規制対象
ゲームボーイアドバンス規制対象外
ニンテンドーゲームキューブPSEマーク有り
XboxPSEマーク有り
ゲームボーイアドバンスSPACアダプターにPSEマーク有り
ニンテンドーDSACアダプターにPSEマーク有り
プレイステーション・ポータブルACアダプターにPSEマーク有り
ゲームボーイミクロACアダプターにPSEマーク有り
ニンテンドーDS LiteACアダプターにPSEマーク有り


<< 最初のページに戻る

 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。