FF13 初週150万本の好スタート

FF13CMの図
本当に、とうとう、といった感じですね。先行CMで初めてテレビにFF13が登場してから、3年近くもの月日が立ってしまいまいた。
PlayStation3(以下PS3)最大のキラータイトル、ファイナルファンタジー13(以下FF13)が2009年12月17日にとうとう発売されました。この為にPS3を買ったという方も多いのではないでしょうか。もしかすると、ハイビジョンテレビまで買って備えた、なんて人もいるかもしれませんね。

実際の売上はどうだったのかというと、初週約150万本。PS3初のミリオン達成、それどころか、今後の伸び次第でPS3初のダブルミリオンまで狙えるスタートとなりました。ハードの累計販売台数が約420万台なので、PS3ユーザーのうち3人に1人はFF13を買ったということになります。

そして、FF13が発売されることにより、PS3本体も大きく牽引されました。しかもそれは、FF13が発売された週だけの瞬間的な話ではありません。PS3というハードにとって、またとないチャンスが訪れているようです。

ハードの普及状況をものともせず

FF13の図
ゲームは、まさに豪華絢爛といった感じ。大作感とでも言うべきオーラに溢れています。
まず、初週150万本という数字の意味をもう少し詳しくお話したいと思います。初週の数字を前作と比較すると、ファイナルファンタジー12は初週約180万本を販売しています。あれ? 落ちてる? と思うかもしれませんが、落ちるのは当たり前で、ハードの普及台数がFF12の頃とは比較になりません。

FF12が発売された2006年3月は次世代機が登場する直前のタイミングで、それまでメインハードとして市場を完全に掌握していたPlayStation2は累計で2,000万台近くを販売していたはずです。一方PS3は約420万台ですから、これは前作より30万本落ちたというより、30万本しか落ちなかったという表現のほうが適切でしょう。

正直に言うと、ガイドも今回ばかりは流石のFFでもかなり厳しいのでは、と思っていました。しかし、こういうのを格の違いとでもいうんでしょうね。ハードの普及状況をものともせずに大健闘を果たした、そういって良いのではないでしょうか。

それどころか、2009年後半のPS3はFF13が引っ張てきたという感すら、あるんです。