PS3がデファクトスタンダードとなるための条件

 
ハイデフ表示はXbox360に先を越され、コントローラーによる加速度検知ではWiiに先を越されるPS3。PS3ではさらに傾きなどを加えた6軸の検知を可能にはしていますが…?
Xbox360を抱えるマイクロソフトは、Xbox360をパソコンライクにはできない理由があります。単純に、それは同じマイクロソフトが発売するWindowsと競合してしまうからです。

つまりXbox360はWindowsとの親和性をアピールする事はできても、Xbox360が「簡易的なWindows」になることはおそらくない、ということです。
また、ハンドヘルド版Xbox、つまりXboxブランドの携帯ゲーム機の登場も噂されていますが、これについてはおそらく音楽端末のiPodとゲーム端末のPSPという二つの携帯ハードの中で揺れ動く事になるのではないでしょうか。

iPodが独占する音楽端末のシェアを放置するわけにもいかず、ゲームができる携帯型のマルチメディアプレイヤーとしてはPSPが存在する状態。しかし、ここにもマイクロソフトは切り込んでいきたいはずです。

そんな中、携帯端末であるPSPを持つソニー・コンピュータエンタテインメントは、PS3という汎用コンピュータを引っさげて、逆にWindowsの牙城に切り込むという姿勢を見せるのではないか、そう思えます。

仮にPS3で作動するビジネスソフトがあれば、ビジネスユースにも耐えられるかもしれない。CELLの強力な演算能力で映像編集が快適にできるのであれば、高価なパソコンを購入するよりPS3を購入するかもしれない。
PS3にはそう言った設計意図があるのではないでしょうか。

誰も教えてくれない「PS3って何なの?」

とは言え、現状では「PS3ならでは」というものが見えにくく、イマイチ一般ユーザーに対しての訴求力がないというのも確かなところでしょう。
何せ、何ができるのか、という一点に対しては現状では「ゲーム」「Blu-rayDiscプレイヤー」という回答しかないのです。これでは消費者側も途方にくれるしかありません。

しかしそれは、パソコンの新機種を前にした時の途方にくれた感覚と似ているのかもしれません。
つまり、「このパソコンで何ができるの?」と問われたとしても「パソコンでできることは何でもできるよ。最新型だから処理も早いよ」と答えるしかないのと同じで、「ゲームもきれいな画面で楽しめるし、パソコンでできることは全部できるよ」という存在になりえるかもしれないという事です。

さて、果たしてPS3がただのゲーム機なのか、それともゲーム機以上の何かなのか。ひょっとしてパソコンの次の世代に君臨するまったく新しいデバイスなのか。PS3に対する期待は尽きません。

そんな中で、25,000以下と発表された任天堂の次世代ゲーム機Wiiの存在感だけがやけに眩しく感じてくるのは、それはWiiが純粋なゲーム機としての魅力を感じさせてくれるからなのでしょうか。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。