プレイステーション/プレイステーション関連情報

FF10をプレイした感想を連載で! 3/4 FFプレイ日記 ~3~(2ページ目)

FF10をプレイした感想の日記、第三弾。今回はプレイ10時間からラスト周辺、ネタバレ度は★★★★☆。未プレイの方は要注意!

山道 健介

執筆者:山道 健介

プレイステーションガイド


リュックと合流すると、やっとFF10のフルメンバーが揃います。オープニングで黙りこくってたメンバーが勢揃いです。こう書くと感動も何もありませんが。

FF10の戦闘は「できるだけメンバーを全員だす」というのが成長のコツ。ええ。ボス級の敵と戦うとき戦うときはもちろん雑魚敵との戦闘もなるべく全員参加させるのが好ましい。わかってます。わかってるんですけど、ついつい出さずに忘れちゃうんですよ…。

キマリを…。

こうして僕のパーティーはティーダ、アーロン、ワッカ、リュックがやたら強まりキマリ、ユウナが全然成長しないという流れになってしまいました。このバランスの取れていないパーティーだとボス戦が苦労するんですよね。

今作は雑魚敵がやたら手ごたえがなく(例外有り)ボス戦で異様にてこずるというゲームバランスです。僕にとっての最初の壁はガガゼト山でした。あの若返ったサリーちゃんのパパシーモアがメカに乗って登場した場面。ゾンビ化させて生き返りの呪文で即死、という最悪コンボは気分的に相当イヤーンな感じでした。ここからのボス戦は毎回必死で戦いましたね。えぇ。

だってもう一回戻って成長させてから再挑戦なんて絶対嫌ですもん。僕は話の続きが気になって遊ぶわけですから、一歩でも戻るのはもう気分的に最悪なんです。続きが見たいんです!

FF10のシナリオを語る上で「最高に面白かった」という方、もちろん反対に「つまらない」という方はいると思います。つまらない派でよく見かけるのが「先の展開が読める」という意見。確かにFFはある程度先が読めます。ですが、だから「つまらない」というのはどうかな、と思うんですよ。映画を楽しむときにも「もしかしてこうかな」と想像しながら見る楽しみもありますよね。

世界観が独創的だったからシナリオはある程度わかりやすいほうがやりやすい。わかりやすいシナリオと言いながらも終盤に判明する「ティーダやザナルカンドが実は祈り子たちの…」といった少々壊れた設定が垣間見えたりする点も僕としてはポイント高かったです。

肝心の「シンを倒す」という目的のもと順調にシナリオが進み、ユウナレスカ様の美貌にちょっとだけおしっこをちびりながら(しかも異様に強いんでやんの!)シリーズ恒例の飛空挺に。

飛空挺今回は飛ばせません。PS2の能力でもって自由に空を飛べたらなぁ! と非常に残念でしたが、まぁ飛ばせないものはしょうがありません。その辺はエアーコンバット4にでも譲るとしましょう。

そしてシンとの数回の戦いを経て、ようやくラスボスです。ここまでが長いと思うか短いと思うかは人それぞれだと思いますが、僕の場合まさに“ちょうどいい長さ”でした。もちろん物語としてちょうど良かったということですのでRPGとしては少々物足りなかったですが。だって、ダンジョンもロクにないしやり込める余地が見つからない! あ、あくまでこの時点での話です。

それでですねぇ、感動のボス前イベントを見てから意気揚揚と戦闘に入るわけですが全ッ然倒せねぇ。何でだよ! 強すぎるよ! 一瞬で全滅だよ!

召還獣をフル活用したり一生懸命がんばったんですが、どうしても第二形態後に瞬殺されてしまいます。何度も何度も挑みましたが結局倒せずじまい。

あきらめかかった僕はあることに気がつきました。

AAJプレイステーションサイトのFF10特集があるじゃないか!

そして自分のサイトのリンク集をフル活用したわけです。

ここからは次回、最終回へ!

【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場で人気の PS ゲームを見るAmazon で人気の PS ゲームを見る
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます