千葉街道より江戸川を越える

3
市川橋の隣はJRの電車が走る鉄橋が見える。
市川真間駅を越えるとすぐにJR市川駅が見えてくる。
ここから大きな通り、千葉街道を西へ歩く。昔からここにあったのだろう、古いお蕎麦屋さんだとか、古い商店などもある。
まっすぐ行くと、大きな交差点がある。松戸街道と千葉街道が交わっている。ここが市川広小路である。
さらにその先には大きな川がある。江戸川だ。
千葉県と東京都の境である。そこにかかる橋が市川橋。これをわたって東京都へ。

江戸川沿いを南下していく

3
実に気持ちのいい散歩コースである江戸川の土手。
「葛飾土産」の中で荷風は、川を海のほうに歩いている。それはこの江戸川ではなく、さきほどの真間川である。荷風はこの川を海までたどろうと歩き始める。しばらく行ったところで、歩いてきた子供に海までの距離と地名を聞いている。子供は海まではまだまだあるといい、地名は原木(ばらき)と答えたそうだ。荷風はそれで断念し引き返している。
地図で見てもけっこうな距離である。さすがに荷風は歩く人であった。
というわけで、僕も江戸川を歩く。
すぐ近くにはJRの小岩駅があるが、江戸川を南下してみることにした。
なんせこの土手を歩くのは実に気持ちがいい。
しばらく歩き、さすがに疲れたので、土手を降りた。
そこは篠崎であった。
川から少し離れ、やっと都営新宿線の「篠崎駅」を発見。
しかし、考えてみれば「本八幡」から1個目である。



<関連リンク>
大黒家ホームページ
荷風の散歩道
文学の散歩道
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。