荷風が晩年に住んだ八幡町へ

1
京成線八幡駅のホームから見える「大黒家」の看板
昭和20年3月10日の東京大空襲で、麻布市兵衛町(現在の六本木1丁目)にあった永井荷風の住まい「偏奇館(へんきかん)」が焼け落ちた。荷風は知り合いの家を転々とし、岡山へ疎開する。
そして、昭和22年千葉県市川市の菅野に引っ越してきた。荷風、67歳のときのことである。
親戚や知人の家に住みながら、昭和32年に市川市八幡町に家を建てた。
浅草へ行くことも頻繁だったが、晩年はこの大黒家へ毎日のように通い、カツ丼を食べていたそうだ。

荷風が通った大黒家

3
こじんまるりとした八幡駅のそばにある「大黒家」はすぐにわかった。
都営新宿線の本八幡駅を下車。京成線方面の出口を出ると、京成本線八幡駅はすぐにわかった。
こじんまりとした駅だ。ホームの向こう側に大きな大黒家の看板が見える。
日本最高峰の日記文学といわれている荷風の「断腸亭日乗」。その晩年の記述に「大黒家」はしばしば登場する。
とくに記述のほとんどなくなる最晩年は、一行だけ、

正午大黒屋食事。

と書かれている。「食事」の文字さえないことが多い。ちなみに本当は「大黒家」なのだが、荷風は「大黒屋」と記している。店が休みでも荷風はやってきた。やさしいお店の方は、荷風がくれば、休みでも料理を出したそうだ。

荷風セットをいただく。旨い!

1
これが荷風セット。並カツ丼、上新香、酒一合をセットにしたもので、1522円。ホームページのクーポン券を持っていくと1260円になる。

店のショーウィンドウに永井荷風の写真などがあった。荷風が愛したカツ丼は840円である。この店の公式ホームページを見ると荷風セットというものがあった。
カツ丼+上新香+日本酒一合
という組み合わせ。いつも荷風が食べていたものをセットにしたそうだ。
店内は広い。カウンター席、テーブル席、座敷席がある。
みんながカツ丼を食べているのかというとそうではなく、本来は天ぷら、うなぎといった日本料理のお店である。家族連れやカップルなどがいる。年齢層も幅広い。
荷風セットにする。1522円なのだが、ホームページのクーポン券をプリントアウトしてきたので、1260円。お酒が飲めない人はアイスクリームにすることもできる。
さて、カツ丼である。これが予想以上のおいしさだった。サクッとした衣にやわらかいお肉。しかもかなりの量だ。
お店の人にちょっと聞いてみたが、当時(荷風が通っていた)と、量も味も変わっていないそうだ。なるほど、荷風は毎日これをたべていたのか。そう思うとこれからの散歩にワクワクと胸が躍る。