東京モノレール「流通センター駅」より歩く

1
道を間違え、大急ぎで修正。が、すでに日は傾き始めていた。
夏の日の午後、原稿書きの仕事に行きづまり、散歩に出かけたくなった。
しかし、どこに行こうか。あれこれ考えていたら、砂浜を素足で歩きたくなった。
といってもこれから海へ行くのもなぁ。どっかにないかなぁ。
そう思ってネットで探してみたら、城南島海浜公園が出てきた。
都内の公園である。
遊泳は禁止だが、波打ち際の砂浜を歩くことができる。
交通手段は、各駅からバスだとある。
まあ、散歩なのだからバスはやめておこう。
地図でいちばん近そうな駅を探したら、東京モノレールの流通センター駅である。
ここから歩こうと、安易な気持ちで電車に乗った。
ところが、これがけっこうハードな散歩だったのである。
まず、最初に道を間違えた。駅から降りて反対側へ歩いていたのだ。
どうもおかしいなぁと思い、携帯電話のナビを起動させてわかった。
再び駅まで戻り、大和大橋というのを渡る。

頭の上を旅客機が飛んでいく

1
実際はかなり上なのだろうが、見た目にはビルのすぐ上を飛んでいるようなかんじだ。
静かに街歩きをしたい人に今回のコースはオススメできない。道は広く、そこを大型のトラックなんかがビュンビュン通り過ぎていく。緑なども多く、遊歩道的なものもあるのだが、散歩している人をまず見かけない。
そして、ここはちょうど羽田空港が近いということで、ジェット旅客機が低空で飛行する。キーンという音とともにビルの裏側からいきなり出てくる。
最初は驚いたけれど、歩いているうちに慣れてくる。
それにしてもこんなにもこんなに間近から飛行機を見たのは初めてだなぁ。
飛行機マニアの人にはうれしい散歩コースかもしれない。


3
樹木に覆われた道。頭の上を場飛行機の爆音がうなる。空が見えないだけにちょっとした恐怖感がある。
東京港野鳥公園という大きな公園があるのだが、フェンスで囲まれている。
とにかく道路などが大きいから、ちょっと間違った方向に歩いても取り戻すのが大変だが、これがけっこう間違える。目標物もないだだっ広いところだからだ。
予想以上に時間をオーバー。
日暮れまでには海浜公園に到着するはずだったが、もはや日が沈みかけている。
急ごう。森のような道がある。
「武蔵野の路」大井・羽田コース
という看板があった。ほう、こういう散歩コースもあるのかと思ったら、
これはサイクリングコースであった。