昭和の雰囲気を漂わせた「かき氷」

この日、僕は浴衣姿である。「たいめいけん」を出て、永代通りを茅場町方面へ歩く。
夏の日差しが照りつけている。汗が吹き出てきた。
住居表示が新川になって、ちょうど新川1丁目の交差点を左に曲がる。
すると、赤く「氷」と書かれた幟が目に入ってきた。これを見ただけで涼しくなった。
「田川堂」である。
涼し気な「氷」のノボリがいい

田川堂 東京都中央区新川1-2-7

創業は明治。この建物は戦後すぐに建てられたそうだ。
クーラーではない。店の戸は開け放たれて、扇風機が回っている。
まさに昭和である。僕が子供のころ、クーラーなどというものはなかった。
夏は暑いものであった。あの時代にまるでタイムスリップしたようだ。


細かい氷が口なの中でとけていく

 
 
壁に貼られた手書きのメニュー。半紙に筆文字である。メニューの最初にあるシンプルな「氷あづき」を注文する。品のよいおじさんが、奥へ行く。シャカシャカを氷をかく音が聞こえる。
店内はクーラーもないが、それがまたいい

手書きのおしながきもなんとも風情がある


ほどなく、ガラス皿に盛られた氷が出てくるのだ。
ここは、和菓子屋さんで、手書きのメニューの中には、「抹茶とお菓子 400円」とある。
夏だけではなく、いつ来てもいいんだ。
かき氷屋さんといえば、夏はかき氷、冬はどら焼きというイメージが僕の中にはあったが、ここは上品な和菓子屋さんである。和菓子を店内で食べることもできるのだ。
夏以外にもぜひきてみたい。

 
 
ちょっと薄暗い店内。エアコンはないけれど、ひんやりしている。ここで、かき氷をいただく。
白い氷の下の部分に小豆がある。ここでは「あづき」という表記。
氷あづきundefined450園

これが「氷あづき」。さすがに和菓子屋さんだけあって、小豆がおいしい。

実は僕、かき氷はあまり得意ではない。嫌いなわけではないのだが、冷たいものをどんどん口に入れることができないのである。
何人かで食べると、僕はいつまでも最後まで氷が残っている。
よく、かき氷を食べて頭がキーンと痛くなると言うが、僕にはその経験がない。
あれは、口に氷をどんどん放り込まないとならないそうだ。
僕にはそれができないのだ。
だからといって嫌いではない。少しずつ食べればいい。
とくにここ「田川堂」の時間はゆっくり流れている。
いつもは半分くらい残すかき氷だが、あまりのおいしさに完食した。

■田川堂 (たがわどう)
東京都中央区新川1-2-7
9:00~17:00
定休日:土曜・日曜・祝日