夏本番がもうすぐというこの梅雨の時期。
海が本格的に混み合う前ということで、この時期に上手に波乗りを楽しみましょう。
とはいうものの、雨が降っている時に海に入っても大丈夫なの?
という心配もあることでしょう。
そんなちょっとした悩みにワンポイントアドバイス!

雨の日の注意点

雨の大会観戦中
雨が降ってもみんな真剣に観戦している
・雨足があまりに強い時は波の状況がよく見えないことがあるので、初心者は特に気をつけよう。
・水温は徐々に上がりつつあり、暖かく感じることも多い。しかし気温はさほど高くならないことが多く、また雨が降ることによって体温が下がることもあるので、少し暖かめのウエットスーツを着用しよう。
・激しい雨が降ると、ガスがかかったようになることがある。その時は波の状況判断が出来なくなるので、一度海から上がって様子を見るようにしよう。
・雷の光が一度でも見えたら、すぐに海から上がること。遠いから大丈夫だろうと思っていると、あっという間に近づいてくることもある。海の上では少しの金属の物(アクセサリーや時計など)に一番落雷しやすいので注意が必要。
・雨の日の波乗りは思っている以上に、初心者にとっては疲労がたまる。まだもうちょっと大丈夫!というくらいで海から上がろう。
・水温も気温も両方とも高ければあまり心配はないのだが、どちらかが低いことが梅雨時は多いので、保温をしっかりしよう。

天気予報チェック

台風のビッグスウェル
台風の影響があると雨が降っても波はビッグ!で最高!!
梅雨前線が日本列島を覆うようになっていると、気圧の変化による波も風もなくなってしまうので、あまり波がない状態になることが多い。
ただし、前線の位置や低気圧の動きによっては波乗りが楽しめることもある。
天気予報でその日の天気をチェックし、いい波を当ててみよう!
→波予想のコツについてはコチラ



***** 関連記事&サイト *****
■知ってる人だけ得をする~梅雨時の波予想のコツ~
■波乗りの必携品!~潮汐表の読み方~

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。