新日本プロレスは、2006年1月の契約更改で例年以上となる多くの退団選手を出した。成瀬昌由もその一人ではあるが、他の選手がフリーとなって、他団体への参戦や団体設立に奔走する中で、依然として沈黙を守っている。

今、成瀬昌由は何を考え、何をしているのだろうか?

周囲の心配をよそに、「充実した日々を過ごしている」という成瀬は、とある夢に向かって新たなる歩みを始めていた。それでも、リングから遠ざかっていることで、焦りや迷いはないのだろうか。インタビューでは、それらの答えであり、成瀬を語る上で不可欠な要素となる武士道、歴史、教育、精神修行といった様々なキーワードが溢れるように飛び出してきた。

「今は焦らず準備をしている」

成瀬昌由 昭和48年3月15日生/O型/東京都杉並区出身 リングス、新日本、Dynamaite!!と主戦場を移しながら、今も一線で活躍し続ける
ガイド:「一体、成瀬は何をしているんだ?」という声を聞きます。

成瀬選手:基本的には、変わらず自分のトレーニングをしていましたが、不本意なんですけど怪我をしたりというのもあり、ちょっとストレスが溜まってましたね。ただ、この仕事をして長いので、(怪我と)うまく付き合うというか、うまく割り切って悩むことまではないですけど。

ガイド:リング復帰に関しては?

成瀬選手:早く試合したいっていうのもありますけど、こればっかりは焦らず、しっかり準備をしてからですね。

ガイド:成瀬選手であれば、プロレスのみならず、総合格闘技という選択肢もあるのではないかと思いますが?

成瀬選手:とにかく、あくせくせずに、根本の部分だけはぶれないようにしたい。幸い、今は格闘技界を一歩離れたニュートラルな目で見ることができていますので、タイミングを見極めて、納得できるところで然るべき試合ができればと思っていますね。

ガイド:古巣の新日本プロレスは気になったりしますか?

成瀬選手:正直、あまり気にならないですね。仲良い選手は何人かいるので、彼らが元気でやってるかなというのはありますけど、後は「ふ~ん」って感じで。

ガイド:話しを伺う限り、試合をすることが最優先という訳ではないように思えますね?

成瀬選手:実は、年内にドカンと大きいことを発表しようと思っています。僕は、それをやるためにフリーなったようなものなので。

ガイド:まだ、詳しくはいえないと思いますが、今後の動きとしては?

成瀬選手:7月からアメリカに行ってきます。向こうでは、世界的な会社グループのコンベンションがあるのでそれに出席し、色々勉強してきます。もちろん、練習も兼ねています。

ガイド:着々と準備なり勉強を進めているみたいですね。