日本で一番将来を嘱望された小学生だった

――船木、鈴木、ライガーの寮生時代っていったら、UWFより全然前ですね。

坂口「ずっと前ですね。あの人たちがまだ骨法に通ってたころです。それで鈴木さんがポンと入ってきた頃でしたね。一緒に海に連れてってもらったり。すごい遊んでもらってましたね。家も道場の近くだったんで、自転車で遊びに行ったりとか」

――もうその意味では、日本で一番将来を嘱望された小学生だったと(笑)

坂口「なんかもう、ありとあらゆるものを教えこまれて(笑)。最初、酒飲まされたのもライガーさんで(笑)。なりたいっていうよりもう、ならなきゃいけないもんだって感じのとらえ方してたんで。その後中高で柔道やってたんですけど、柔道家として柔道が強くなりたいとかじゃなくて、プロレスやる前の準備、でしたね」

――学校はどこでしたっけ?

菊田早苗
 後に坂口が総合格闘技への道を選択するキーとなったのが、菊田の活躍だった。
坂口「明大中野です。それで自分が中二のときかな、菊田(早苗)さんが高校で入ってきまして。すごい環境だったと思います。その頃から菊田さんもプロレスラーになりたかったんで。あの人は中学で関東大会優勝したりして、すごい実績を持って入ってきたんで。来るなり、いきなり『おまえ、坂口の子供? 俺プロレスラーになりたいんだよ』って(笑)」

――がっちりコネを押さえに来ますねえ(笑)

坂口「まあ、そっから仲良くさせてもらって。多分…自分の中ではイジメだったと思ってるんですけど…筋トレ中にブレンバスターされたり(笑)。あの人、プロレス技しか掛けてこないんで(笑)。」

――柔道部じゃなくて、プロレス部ですな(笑)

坂口「まあ、でも優しい人なんで、練習終わってから一緒に飯食いにいかせてもらったり、すごく親しくしてもらいました」

――強くなるにはいい環境ですよね。柔道の成績的にはどうだったんですか

坂口「柔道は一応六年やって、ピークの時は中三ですかね。一応地区で、世田谷区の国士舘とか強豪がいる中で、軽量級では三位になったりとか、関東大会出たりとかで。ただそのときに一回肘の骨折がありまして、それまで背負い投げが得意だったのが、できなくなっちゃったんですね。自分のなかでも、それでやっぱり腐っちゃった部分があって。高一になって、もういいやってなって。ウェイトばっかりやってて。柔道やってるけど、半分はウェイトみたいになちゃって。高校の三年間はダラダラと過ごしてましたね…」

荒鷲の不孝息子35年目の飛翔・坂口征夫(2)に続く

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。