PRIDE買収で得た、日本市場制圧のノウハウ


UFCの俄かな日本人選手起用の増加現象のキモは何かとといえば、ズバリ、これは近い将来UFCが日本上陸するための布石に他ならない。

その意味で、総ては僕がPRIDE買収劇直後から危惧してきたシナリオどおりーー「PRIDEがUFC-JAPANになる日」に進行しているように思える。こんな予言は正直あたって欲しくなかったが、情報を冷静に分析していけば、最終的にこれ以外の結論が出なかったのも、悲しい事実である。

だが、実際、今回のPRIDE買収で、ZUFFAには日本市場でのコネクションとマーケティングデータが蓄積されたはずである。不幸にしてPRIDEブランドを直接運用するというプランは上手く行かなかったわけだが、これらのデータと人脈をUFCの日本上陸の素材にするなら、遠からずビジネスとしての結実が見られるだろう。この秋の改変期を見送ってしまった今、流れは急速に変化していると見るべきである。多少大胆な予告にはなるが、ずばり、「UFC-JAPAN」設立(PFWWの改組かどうかはともかく)は、極々近日中に実現する可能性もあると思う。


元々日本人のメンタリティとして舶来嗜好が高いのも事実である。“世界トップの格闘技の舞台”というふれこみと、かつてのPRIDEをも凌ぐ選手ラインナップを揃えての再上陸となれば、確実に大きなセンセーションが見込める。数年前、アメリカのWWEが日本上陸を果した時のように、意外にすんなり、UFCが日本の地上波で放映されてしまうこともあるかもしれない。

無論、日本市場独特の閉鎖性が壁として立ち塞がる可能性は否定できないが、既に日本法人としてPFWWという組織と人材を持っている彼らにすれば、この障壁を越える材料は既に手中にしている事になる。問題はその参入のタイミング、すなわち一年前にテレビ界を襲った「PRIDEショック」の余波がいつ消えるか、その一点に尽きる。地上波テレビとの契約は、今や日本でビッグイベントを開催するための絶対条件である。UFCはその契約が獲得できるタイミングを、息を殺して待っている状況なのだ。

日本に於けるUFCの大会中継に関して、この春まではWOWOWとの試合中継契約を結んできたが、放映額での折り合いがつかず打ち切りとなっている。その段階で、PRIDEが実績を作ってきたスカイパーフェクTVでのPPV放送に移行するなどの代替手段はいくらでも考えられたはずだが、UFCはあえてその手段をとらなかった。日本市場で十分知名度を誇ったミルコ・クロコップを手中に収めておきながら、あえて日本市場を空白にする、この手法に多くのファンが疑問を感じたのではないだろうか。

だが、これさえもUFCの周到なマーケティング戦略であったと考えるならどうだろう? PRIDEが消え、UFCも放映されないまま、日本の市場に枯渇感を作り出す戦略だとしたら。

現在日本にはHERO‘Sという対抗馬も存在するが、マーケティングの方向性はあくまで格闘技コアファンよりも一般大衆にフォーカスされていて、ヌルさが否めない。PRIDEに熱い視線を向けていた格闘技ファンの乾きを満たす材料にはなりにくい。もし、この飢餓感がニーズとなって、「UFC上陸待望論」となっていけば、莫大な放映権料を提示して来るテレビ局も現れる可能性もあるだろう。そんな“じらし”戦略をZUFFAが目論んでいても、何の不思議も無い。

その時に効いて来るのは日本人選手を大量にオクタゴンに上げているという事実である。日本上陸の“その時”が訪れたとき、一人でも二人でもトップクラスに食らいついて行くポジションに日本人選手が居れば(「チャンピオンとして君臨する」と書きたい所だが、さすがに現状を見る限りその可能性は低い)、日本のテレビ局が食指を動かす材料はさらに増える。

現在のPRIDE系日本人招聘の裏には、そんなZUFFAの日本(再)上陸への思惑が働いていると見て間違えない。



【All About/PRIDE売却とUFC関連記事】
「PRIDEがUFC-JAPANになる日」(2007年05月31日掲載)
「格闘技グローバル化とPRIDE売却の波紋」(2007年04月01日掲載)
http://allabout.co.jp/sports/k1/closeup/CU20070331A/index.htm
「UFC・PRIDE交流は本当に実現するか?」(2006年09月27日掲載)
「米5大ネットで放映? LA興行? 加熱報道を信じるな 『PRIDE米進出』報道に疑問」(2005年09月13日掲載)
「UFC日本大会中止に見る“勝ち組”研究『UFC vs PRIDE』日米市場戦争」(2005年04月30日掲載)

※事件発覚後の10.4深夜に書いた「結び」を追加しました。よければお読みください。