日本プロ野球の2005年シーズンは、セ・リーグが残り30試合、パ・リーグが残り20試合を切って、気になるのはタイトル争いの行方だ。投手・打者とも白熱するタイトルレースの結果はいかに?

【PART1 セ・リーグ投手編】
【PART2 セ・リーグ打者編】
【PART3 パ・リーグ投手編】
【PART4 パ・リーグ打者編】

なお、本記事の成績・数値は9月4日終了時点のものである。

【PART1 セ・リーグ投手編】

セ・最多勝利


黒田(広島)が12勝で単独トップだが、11勝で川上(中日)、下柳(阪神)、井川(阪神)が続く。先発投手の残り登板数は6回程度あり、まだまだ混沌。
順位選手勝利
1黒田(広島)12
2川上(中日)11
2下柳(阪神)11
2井川(阪神)11
5岡本(中日)10
5工藤(巨人)10


セ・防御率


藤井(ヤクルト)がリード、川島(ヤクルト)・三浦(横浜)が続く。
順位選手防御率
1藤井(ヤクルト)2.36
2川島(ヤクルト)2.60
3三浦(横浜)2.61
4安藤(阪神)3.22
5門倉(横浜)3.35


セ・奪三振


三浦(横浜)が頭一つ抜けた。藤井(ヤクルト)、大竹(広島)らが追う。
順位選手奪三振
1三浦(横浜)145
2藤井(ヤクルト)131
2大竹(広島)131
4門倉(横浜)130
5上原(巨人)126


セ・セーブポイント


岩瀬(中日)と石井(ヤクルト)が僅差で争う。
順位選手SP
1岩瀬(中日)39
2石井(ヤクルト)37
3久保田(阪神)27
4クルーン(横浜)22
5ベイル(広島)21


セ・ホールドポイント


阪神JFKの一角、藤川(阪神)が独走状態で確定的。
順位選手HP
1藤川(阪神)48
2ウィリアムス(阪神)36
3川村(横浜)26
3岡本(中日)26
5木塚(横浜)23


※ホールドポイントは、ホールドと救援勝利の合計。

次ページ、【PART2 セ・リーグ打者編】→