来春の開幕に向け準備を進めている、石毛宏典氏率いる四国独立リーグ。新リーグ構想を発表した9月の記事、『四国独立リーグ構想の成算』に続き、東京トライアウトの模様を追った。

【PART1 東京トライアウトの模様 その1】
・東京トライアウトの模様
・選手選考の実際

【PART2 東京トライアウトの模様 その2】
・選手のレベルは?
・独立リーグと「石毛カラー」
・最終的な選手決定は?

東京トライアウトの模様

フリーバッティングに臨む選手たち
フリーバッティングに臨む選手たち
12/11の東京・駒大グラウンドは、四国独立リーグのトライアウト(選手選考会)を受験する若い野球選手で溢れかえっていた。高松市で行われた第1回トライアウトに続く、この第2回トライアウトの参加者は総勢344名。

一次審査は50メートル走と遠投。50メートル走は6秒5、遠投は85メートルを基準として一次合格者を決定し、二次審査へと進んだのは226名。二次審査では投手は投球テスト、野手は守備・バッティングをテストされた。

選手選考の実際

石毛氏自ら打撃投手を務める
石毛氏自ら打撃投手を務める
このトライアウトが通常のプロテストと大きく異なるのは、その人数の多さだ。選ぶ側は最終的に約100人の合格者を決める。これがNPBのプロテストであれば、合格者は多くとも数人レベルで、0人のことすらある。そのような選考であれば、選ぶ側は消去法的な目で見ればいいのだが、四国独立リーグはそういうわけにはいかない。

必然的に多くのプレーヤーを見たくなるのか、このトライアウトでは参加者344名のうち、226名を一次合格とした。先に書いた合格基準はあくまでも基準で、例えば遠投または50メートル走のどちらかが基準に達していなくても、見込みがありそうということで救済したケースもある。そして二次審査へ進んだのは、全参加者のおよそ三分の二である。

一次合格者の内訳は、投手67名・捕手16名・野手143名である。これだけの選手を全員審査する側も大変だ。特に約150名によるフリーバッティングは壮絶な流れ作業で、一人10球を目安としても、バッティングピッチャーは総計2000球程度は投げなければならない。最後には石毛代表自らが登板したほどだ。

【PART2 東京トライアウトの模様 その2】に続く→