アテネオリンピックの野球日本代表選手が、6月25日に正式発表される。既報の代表選手24名(投手11名・野手13名)の陣容と、アテネ全9戦の先発オーダーを予想する。

アテネ五輪代表選手24名

代表メンバーは公約通り、12球団から各2名ずつ選ばれた。各球団投手1名・野手1名を原則としているが、選考途中から投手11名・野手13名の方針を決定したため、実際にはロッテから投手2名のみ、日本ハム・オリックスから野手2名のみという選考になった。

今回の選考は、昨秋のアジア予選の残留組を生かしつつ、それに不足したメンバーを補ったセレクションだ。私の予想メンバー(後述)とも大差なく、1球団2名縛りという中で厳しい部分はあるものの、全体としてはバランスの取れたセレクションだと言えるだろう。それでは、メンバーを見ていこう。

アテネ五輪代表メンバー一覧
所属投手野手
ダイエー和田毅(先)城島健司(捕)
西武松坂大輔(先)和田一浩(外)
近鉄※岩隈久志(先)※中村紀洋(内)
ロッテ小林雅英(リ)
※清水直行(先)
 
日本ハム 小笠原道大(内)
※金子誠(内)
オリックス 谷佳知(外)
※村松有人(外)
阪神安藤優也(リ)※藤本敦士(内)
中日岩瀬仁紀(リ)福留孝介(外)
巨人上原浩治(先)高橋由伸(外)
ヤクルト石井弘寿(リ)宮本慎也(内)
広島黒田博樹(先)木村拓也(内、外)
横浜※三浦大輔(先)※相川亮二(捕)
(先)は先発型、(リ)はリリーフ型。
※はアジア予選に参加していない選手。

代表選手の選考方針

投手9人・野手12人で臨んだアジア予選。その代表選手の多くが今シーズンが始まってから軒並み故障や不調に悩まされたので『アテネの呪い』とも言われたが、球団毎の重複選手を除いて、原則全員残留とした。重複により選考されなかった選手は、谷繁(中)・井端(中)・木佐貫(巨)・二岡(巨)の投手1名・野手3名である。そして松井(メッツ)はメジャー入りによって外れ、投手8人・野手8人が残った。

この時点で投手は先発型4・リリーフ型4で、先発はスタンバイを含め6人程度必要なので、投手11人枠では先発2・リリーフ1ぐらいを未選考チームから補えばよい。そこで近鉄から絶好調の岩隈と横浜から三浦を選んだ。結果的にはもう1枠に専業リリーフ投手を選ばず、ロッテから清水直を選んだ。アジア予選と同様に、広島の黒田をリリーフで起用する予定なのだろう。

一方の野手8名には、二塁手と三塁手と捕手が欠けた。さらに13名枠を考えれば、内外野の控えがもう1人ずつ欲しい。残りチームは、近鉄・ロッテ・阪神・横浜だが、三塁手は前回シドニー経験者である近鉄の中村、捕手は横浜から相川を選んだ。阪神から遊撃・二塁手として藤本を選考し、ロッテは投手との兼ね合いで見送った。さらに日本ハムからは投手ではなく二塁・遊撃手の金子を、またオリックスからも外野手の村松を採用した。