五輪代表に平山、闘莉王。ユース組から8人が昇格


「8日の試合に平山が出る可能性が高い」と、山本昌邦監督はキッパリ言った……。

日本サッカー協会は2日、キリンチャレンジカップ2004(2月8日・U-23イラン代表、埼玉)と国際親善試合(2月11日・ロシア代表、静岡)に挑むU-23代表メンバー24人を発表した。注目の高校生ストライカー・平山相太(国見高)、昨年秋に日本国籍を取得した田中マルクス闘莉王(浦和)がメンバー入り。昨年末のワールドユース(UAE)でベスト8進出を果たしたU-20代表組から8人が昇格した。

特に注目されるのが最終ライン。山本ジャパンが発足した2002年アジア大会(釜山)以来、DF陣を担ってきた池田昇平(清水)、三田光(新潟)、あるいは昨年の1次予選を戦った角田誠(名古屋)が揃って外れ、ユース組から近藤直也(柏)と菊地直哉(磐田)、そして闘莉王が名を連ねたのだ。さらには、横浜でボランチとして急成長した那須をDFとして選考。MFとして選んだ徳永悠平(早稲田大)もDF要員として考えているようだ。

「ユース組が入って、チームの底上げがあった。闘莉王が入ったこともプラスだ。Jリーグで実績を積み上げて追い越す選手が出てきた」と山本監督は選考理由を語った。これまで続けてきた3バックは基本的に変えない考えだという。


※次ページに続く…