ブラジル最強の攻撃陣“魔法の4人組”

ベルリンのシンボル、クマ人形もセレソンに!? なぜ出っ歯?(©長井美希)
日韓大会ではロナウドが得点王を獲得し、貫禄を見せつけ5度目の優勝を果たしたブラジル。前大会で活躍した4R(ロナウド、ロナウジーニョ、ロベルト・カルロス、リバウド)のうち、リバウド以外の他の3人は健在だ。

今大会は、日本でも「Quarteto Magico(クアルテット・マジコ)」、“魔法の4人組”と呼ばれているロナウド、アドリアーノ、ロナウジーニョ、カカの攻撃陣は最強と言われる。

加えて、ACミランで世界のトップGKの仲間入りを果たしたヂダ、ベテランのカフーを筆頭にルシオ、シシーニョと守備にも抜かりない。控えにも、昨夏レアル・マドリーに加入したロビーニョや、リヨンのフランスリーグ5連覇の中心選手でFKの名手ジュニーニョ・ペルナンブカーノ、バルセロナのエジミウソン(負傷により出場辞退)と、世界のトップチームが2つ作れるほど人材豊富なブラジルだけに、連覇の可能性は大いに高い。

イギリスのとあるブックメーカーのオッズでも、ブラジルの優勝は約4倍と2位のイングランドの8倍に大差をつけてダントツである。

ピッチで輝き続ける「ブラジルの宝石」

ベルリンのビルの壁に描かれたロナウドとロナウジーニョ
その“最強チーム”の中心に君臨するのは、やはりロナウジーニョだ。ろんなロナウジーニョは、ドリブル、パス、シュートなどそのプレーの美しさからパリ・サンジェルマン時代には「ブラジルの宝石」とも呼ばれた。

ロナウジーニョ・ガウショ(本名:ホナウド・ヂ・アシス・モレイラ)はブラジル南部のポルトアレグレ出身。ロナウジーニョは「ロナウドちゃん、小さなロナウド」の意味で、ブラジル代表に既にロナウドがいるためこの愛称で呼ばれる(ちなみに日本が“マイアミの奇跡”を起こした96年アタランタ五輪の時は、ロナウドがロナウジーニョと名乗っていた)。ガウショとはポルトガル語で“カウボーイ”を意味し、ブラジルでは南部出身の男性に対して使われることばである。

そんな彼は、地元のクラブチームグレミオでサッカー選手のキャリアをスタートさせ、1997年にはU-17W杯の得点王に輝いた。2001-02シーズンからフランスのパリ・サンジェルマンに移籍、翌年のW杯日韓大会に出場。特に、静岡のエコパスタジアムで行われたベスト4を掛けたイングランド戦では、リバウドの得点をアシストするスルーパスや35mの直接FKを決めるなどの活躍を見せ、優勝に貢献。

そして、03-04シーズンからスペインのバルセロナへ移籍。04-05&05-06シーズンとリーガエスパニョーラ連覇に貢献。2005&2006年FIFA世界最優秀選手賞し、2006年には欧州最優秀選手に与えられるバロンドールを受賞。さらに5月にはCLのビッグイヤーも獲得した。

サッカー選手が憧れるあらゆるタイトルを手にしたロナウジーニョは、今大会を26歳という選手として絶頂期として迎える。彼がドイツの地でその輝きを一層増すことになれば、再びW杯はブラジルの地に持ち帰られることだろう。