<ゴールデンゴールに歴史あり?>

今でこそ全世界中でおなじみのゴールデンゴール。その発祥の地はなんと…、日本だった!

**********************************


1993年 Jリーグ発足、Vゴール採用
→引き分け試合がファンの興味を減少させる点を配慮し、90分で勝負がつかない場合の延長Vゴール(ビクトリーゴール)制が導入される。

1995年 FIFAがゴールデンゴール採用を決定
→日本のVゴールを参考に、FIFAがゴールデンゴール採用を決定。理由は、フルタイム90分+延長30分戦った時の選手の疲労が大きすぎるため。また単純に、試合の行方を盛り上げるためである。

1996年 ユーロ96大会でゴールデンゴール初採用

1998年 フランスW杯でゴールデンゴール初採用

2002年 J2で延長廃止、J1も廃止の方向へ
→J2で延長ゴールデンゴール方式が完全に廃止される。また来季からJ1でもゴールデンゴールを廃止する見通しを、Jリーグチェアマンが正式発表。

2002年 UEFAがゴールデンゴール方式を変更
→UEFA管轄下の試合のみ、従来のゴールデンゴール方式に変更が加えられる

**********************************


ちなみに以前からJリーグサポーターの間で物議をかもして来た「延長Vゴール方式」の廃止も、いよいよ現実になりそうな感じですね。そうすると、今後日本国内での「Vゴール」は、全試合ノックアウト方式の天皇杯と、各種大会の決勝戦などでのみ採用されることに。


<関連リンク>

Jリーグ公式サイト―「Jリーグ用語説明」の欄に「Vゴール方式」の説明があります

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。