紅葉をアップで撮ってみる

紅葉は、全体で引いて見てもきれいですが、グッと葉に寄ってクローズアップして撮ってもきれいです。

時には葉そのものに着目して撮影してみてもいいものです。中心とする葉を決めたら、構図を整えて撮影します。レンズの絞りは、浅いほうが背景がぼけてきれいになります。

かなり近くまでクローズアップするには、マクロレンズを使います。マクロ機能が付いているコンデジは、設定をONにしてから撮影します。

レンズの最短撮影距離までを有効に使い、ベストと思う部分をフレームに入れて撮ってみてください。

構図の作り方については、『構図も上手くなる、写真で脳トレ! 』を参考にどうぞ。

紅葉撮影
光に葉を透かしてみるのもいい方法。光の差し込む方向を見極めて撮影します。直接太陽の光がレンズに入らないように注意


次のページでは、落ち葉を活かして撮影してみましょう!