綱引きは、顔をはっきりとらえてから撮ろう


綱引き
綱引きでは一か所にたくさん子供たちがいるので表情を撮りにくい競技です


綱引き
うまく間から表情を捉えられたらすかさずシャッターを切ります

綱引きは、一か所に何人も密集しているところを撮るので、個別の表情を撮るのが難しいところがあります。群れて競技に参加しているところを撮っても肝心のお子さんの表情が撮れていない場合もあり得ます。

撮影する場所にもよりますが、周りの子供たちの間から顔をのぞかせるポイントを探りそこにレンズを向けます。そのときは当然、背中側にいては表情は撮れません。表情を向ける側にポジションを取ります。

なかなか顔を見れなくても、間から表情を伺えるチャンスは必ずあるので、レンズを向けながらその機会を狙って撮るといいでしょう

最後は組体操での撮影ポイントをどうぞ!