大玉の大きさと比較させながら撮ると迫力がでます


大玉
大玉と子供の大きさが比較できるように撮ります


大玉
望遠ズームで寄りで撮ってもダイナミックな写真になります

大玉転がしは、大きな玉を子供と比較させるように撮るとより迫力ある写真になります

小さいお子さんであれば、玉のほうが大きかったりするので、そのサイズがわかるように大玉とお子さんが比較できるようにフレームに入れてシャッターに切ってみましょう。

ズームレンズで望遠側でアップ目で撮るとわかりやすい写真になります。

次のページでは綱引きの撮影ポイントを見てみましょう!