日本中でたくさん開かれる打ち上げ花火大会。その中でも、有数の花火大会がいくつかあります。ガイドが独断で選ぶ二つの「日本一の花火大会」の撮影を今年決行。その写真を紹介するとともに花火大会の撮影のポイントもご案内しましょう。

知名度日本一の隅田川花火大会

ガイド瀬川が選んだ二大花火大会のうちのひとつが、「知名度日本一」としての隅田川花火大会。知名度No.1とするところの由来は、歴史のある花火大会というところにあります。

調べてみれば、1733年に始まったとされるとても古い歴史がある花火大会。最近では1961年から77年までの間は、開催が中止されるなど、何度か行われなかった年度もあるものの、一度は耳にしたことがある花火大会としては、最も有名な花火大会と言ってもいいのではないでしょうか。

まずは、2007年の隅田川花火大会からいくつかご覧いただきましょう。

花火の種類については、『知ってると10倍楽しめる、花火ミニ図鑑』をご覧頂くとより詳しく花火写真を鑑賞していただけます。

屋形船
川面に映った花火の色のシルエットに浮かび上がる屋形船。隅田川では、屋形船からの見物客もいます。



青色の花火
色合いによっても花火の印象はまた大きく変わります。青系の花火もクールな感じです。青系の花火だと少し暗くなるので絞りを開くなどするといいでしょう。



次のページでは、さらに隅田川の花火大会の模様をご覧いただくとともに、撮影するときのポイントも公開!