トラウトチャレンジ編総まとめ

26番
大人気の管理釣り場では、コンディションの良いトラウト達がターゲットとなる。取材時の模様をお伝えしておこう
さて、3か月に渡ってお届けしてきた管理釣り場を舞台としたトラウトチャレンジ編もこれで一区切り。そこで、ガイドが取材で釣り場を訪れた際に釣れた魚たちを紹介しておきたいと思う。ちなみに、取材用として割り当てた日数は2日間。短い時間だったが、漠然と釣るよりも楽しい結果となった。


1魚種目はニジマス

26番
元気なニジマスは管理釣り場ではメインターゲットになる。手軽に活性の高いキレイな魚体に触れられるのはうれしいかぎりだ
管理釣り場の主役はやっぱりニジマス。これはもう神のごとくどこにでも居て、ルアーでもフライでも盛んにアタックしてくれた。みなさんも、管理釣り場で釣りをすれば、ほとんどがニジマスのはず。今回のようにたくさんの種類のトラウトを釣ろうと思えば、ニジマスをどうやって避けるのか、ということも大切になる。ガイドが実釣をさせてもらったフィールドの場合、フライやルアーのサイズを大きくすることで一定の効果があった。もっとも、これは各釣り場によって傾向があるはずなので、何回も通って見定める必要があるだろう。

実際にはそれでもニジマスを釣りながら、他の魚種を狙う状況となるため、ある程度の割り切りも重要。活性が上がっているニジマスの場合、自分の体長に近いようなルアーにもアタックしてきてしまうので、フライやルアーのサイズを変えても効果が薄いケースもある。とはいえ、ニジマスも十分アングラーを楽しませてくれる魚なので、大切に釣ってほしい。

2魚種目はイワナ

26番
物影が大好きなイワナは狙いやすいトラウトのひとつ。狙い方さえ合っていれば高確率でヒットさせられるはず
この魚は、障害物に隠れていたのを引っ張り出して釣ったもの。マラブーを杭周りに直接打ち込みいったん沈め、リトリーブを開始した直後にヒットした。管理釣り場のイワナもやはりネイティブの魚と同じで、物影が大好きなのだ。この他、沈んでいる岩の陰を狙いヒットさせたものもある。釣り方としては、ブラックバスとよく似ているのでバスアングラーにも十分チャンスがあるトラウトだろう。

また、活性が高ければ大型のフライやルアーによく反応するのもこの魚の特長。エサだと思えばかなりがっついて来るので、ポイントをよく見極めれば比較的釣りやすい魚だといえる。同じような習性を持つトラウトにブラウントラウトが居るので、似たような攻め方で狙うこともできる。実はガイドもこの日、ブラウントラウトがヒットしたのだが、あまりのサイズにティペットを切られてしまった。この手のトラウトはかなり強引な抵抗を見せるので、太めのタックルでチャレンジしてほしい。

>>まだまだ続きます、トラウトチャレンジ編!>>