「さわやか!初夏のコーンスタイル」の作り方

オアシスを包む
【手順1】
オアシスを縦長に置き、その周りをスチールグラスで囲む。上部をアサヒモでくくり、固定する。



スナップで囲む

スチールグラスで囲った上からスパイラルにスナップで囲み、上部をアサヒモでくくる。



アルストロメリアを入れる
【手順2】
アルストロメリアを小分けし、上部からなだらかな螺旋を描くように挿していく。



トルコキキョウを入れる
【手順3】
先に入れたアルストロメリアの上段にトルコキキョウを螺旋を描くように入れていく。このとき、上部はつぼみをいれ、少しずつ開いた花を選んで入れていく。



完成!
【手順4】
さらにブプレを小分けしながらトルコキキョウの上段に入れていき、完成!



今回のアレンジメントのポイント


今回のポイントは、「スチールグラス」です。コーンスタイルのボディはオアシスですが、コーン型にオアシスをカットせず、スチールグラスでベースを作ります。スチールグラスはしっかりとした硬さがありますので、ベースに適しています。今回はコーン型にしましたが、円柱型にも四角型にも出来ますよ。お花はスチールの間から中のオアシスに挿してアレンジをするので簡単です。

そしてもうひとつ、色の組合せですね。初夏のイメージとやる気が起こるデザインという事で、グリーンをベースにサーモンピンクの組合せを選び、形は上に立ち上がるコーンスタイルに。目に優しい緑、補色カラーの赤を優しいサーモンピンクにする事で、リラックスとリフレッシュの二つを感じることが出来ると思います。コーンスタイルの螺旋のラインが立ち上るイメージですので、気持ちが向上するデザインに。

ですから、仕事場や子供部屋に適しているデザインなのかも知れませんね。ですが、お花のフリルが可愛いので、リビングにもインテリアフラワーとして良いと思いますよ。オールラウンドですので、テーブルのセンターに飾って楽しんでくださいね。

■関連サイト
  • フラワーアレンジに役立つ!花の小事典vol.18 【7月の花】トルコギキョウ
  • フリフリの花びらが可愛いお花 トルコキキョウに魅せられて

  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。