フラワーアレンジに役立つ!花の大事典シリーズVol.16です。今回は、美人の代名詞「シャクヤク」です。華やかでありながら凛とした雰囲気の素敵なお花です。

**シャクヤクの花言葉は「恥じらい」!**



華やかなシャクヤク
学名Paeonia lactiflora
分類ボタン科ボタン属
原産地中国北部からシベリア南部
別名夷草
開花時期3月から6月
花言葉内気・恥じらい・はにかみ


**シャクヤクは万能選手の漢方薬**



「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿はユリの花」は有名ですよね。これは、ボタンは木本性で分枝して横ばりの樹形を示し、シャクヤクは草本性で分枝せず茎がまっすぐに立つ草姿を示すことから立てばシャクヤク・・・と例えられたのだそうです。この美人にたとえられたシャクヤクの花名は「しとやかで美しい意の『綽約(しゃくやく)』からきた」と言われています。又、学名ペオニアは、ギリシャ神話の医神「パイオン」に由来しているとも言われ、西洋でも古くから薬用植物としてその薬効が知られており、効用としては、痛みを抑える鎮痛薬のほか婦人病にも効果があるそうです。

この華麗な花、シャクヤクは、これからのシーズンにも活躍しそう。母の日のアレンジに花束に、また、花嫁の持つブーケにピッタリです。ぜひいろんなシーンで素敵な思い出を作ってくださいね。

**シャクヤク参考サイト**


  • なべくらシャクヤク観光園 [from信濃毎日新聞~信州の花だより-]
  • 今週の花 シャクヤク [fromくすり・はな・まなびと-]
  • シャクヤク園 [from長居植物園-]
  • シャクヤク [from養命酒製造株式会社-]
  • シャクヤク [from イー薬草・ドット・コム-]

  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。