フラワーアレンジに役立つ!花の小事典シリーズVol.8です。今回のは、凛とした姿が清楚なイメージの花「ゆり」です。7月の暑さをやわらげてくれる気持ちが安らぐ百合はセラピー効果も。

**ゆりの花言葉は「純潔」!**


凛とした姿が清楚なイメージの花「ゆり」
学名Lilium
分類ユリ科ユリ属
原産地北半球の亜熱帯~亜寒帯
開花時期春~夏
花言葉威厳・純潔・無垢、飾らぬ美、荘厳、
白:純潔
黄:飾らぬ美
クルマユリ:純潔
オニユリ:富と誇り
カノコユリ・ヤマユリ:荘厳
テッポウユリ:純潔・威厳


**多くの神話に語りつがれている花!**


「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」と歌われているように清楚なイメージの代表的な花、「ゆり」は、ギリシャ神話や、聖書にもよく出てきます。例えば、アダムとイヴの話で、イヴは蛇にだまされ禁断の木の実を食べ、エデンの楽園を追われてしまい、イヴの流した涙が、地上に落ちてユリになったと言われていたり、ヘラクレスとゼウスの神話にも登場したりします。また、百合は美と優美を表す花として古くから愛され、フランスの王位紋章に百合がデザインされたりしていたそうです。

このように古くから人々に愛されてきた「ゆり」は、種類も多く、原種で約96種類もの種類があるそうです。それに掛けあわせたものをあわせると膨大な数になるとの事。例えば、オリエンタルハイブリット系は、ヤマユリ、カノコユリ、ササユリが原種であり、カサブランカが代表的な品種になります。他にアジアティックハイブリッド系(スカシユリ)など系統が分かれているのが特徴です。

また、フラワーセラピー効果として、優しい香りが気持ちを落着かせてくれ、清々しい気持ちにさせてくれる効果がありますので、お部屋に1輪飾るだけでセラピー効果が得られると思いますよ。香りもそうですが、その凛とした姿にも心が洗われるようで、見ていて飽きない花ともいえますね。ただし、注意したいのは開花したら花粉が飛び散る前に雄しべの先端部分を取り除きましょう。お花を傷める元にもなるし、衣服につくと取れなくなるので気をつけたいものです。



**フラワーアレンジメント関連リンク**


  • フラワーアレンジに役立つ!花の小事典vol.1 【12月の花】シクラメン
  • フラワーアレンジに役立つ!花の小事典vol.2 【1月の花】グロリオサ
  • フラワーアレンジに役立つ!花の小事典vol.3 【2月の花】フリージア
  • フラワーアレンジに役立つ!花の小事典vol.4 【3月の花】スイートピー
  • フラワーアレンジに役立つ!花の小事典vol.5 【4月の花】チューリップ
  • フラワーアレンジに役立つ!花の小事典vol.6 【5月の花】スズラン
  • フラワーアレンジに役立つ!花の小事典vol.7 【6月の花】アジサイ

    **ユリ参考サイト**


  • どんでん平ゆり園
  • ユリ [from さこっちのお花畑-]
  • ユリの話 [from エフ・エフ・ヒライデ-]
  • ~7月の花~ユリ [from はなみずき-]

  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。