ぶきっちょさんでも大丈夫!素敵な花束の作り方・・・

何かお祝いにお花をっと思う事良くありますよね。そんな時、お花屋さん任せの花束をお願いしている方は多いのでは?素敵な花束を作ってくれるお花屋さんも良いけれど、自分で花束を作れたらもっと素敵だと思いませんか?
花束といえどもいろんな束ね方があります。大きく分けて、ナチュラルステムとスパイラルが主なアレンジになりますが、今回は、ナチュラルステムの方をレッスンしていきましょう。ぶきっちょさんでも大丈夫なように机の上に置いて作り上げる方法をしていきますね。さあ、素敵な花束をつくりましょう!

まず、材料ですが、好きな花を用意しましょう。メインになるお花と、ボリュームのあるお花、最後に仕上げるグリーンは最低用意しましょう。もちろんラッピング紙も用意しましょうね。

1.今回はワラビを使いましたが、花材の中で一番スッキリと背の高いものを真中から左右に扇型になるようにおきます。


2.重ねた点をなるべく動かさないように少しずつお花を短くして、重ねておいていきましょう。


3.中心近くにはメインのお花がくるように持ってくるとバランスが良いようです。


4.全部のお花をセットできたら、重ねている点を崩さないように両手で持ち上げ、お花を綺麗に整えます。バックにリーフを添わせてバランスを見ます。


5.片手で持ち、水にぬらしたラフィアを輪にして親指で抑え、くるくると茎を巻き、しっかりとしめ、はじめに親指で作った輪の中に輪にしていれ、下にたれたラフィアの端を引っ張ってしっかり留めます。



6.これで、花束の出来上がりです。次にラッピングをしていきます。まず、花束の足を切りそろえ、濡れティッシュなどで茎の部分をくるみ、さらにアルミホイルで包みます。あとはラッピング紙で綺麗にラビングすれば出来上がりです。



どうですか?出来ましたか?机の上に置いて束ねていくだけなので意外と簡単に出来上がると思います。慣れてくれば手でもちながらアレンジしていきましょう。自分の思ったところに思ったお花がくるようになれば完璧です。お花屋さん顔負けの素敵な花束が出来るようになりますよ。
ちょっとお遊びで、今回使った花束をアレンジしてみました。ガーデン風の可愛いアレンジが出来上がりましたよ。こんな風に花束を練習したあとは、形を変えて楽しむのも良いですね。いろんなアレンジに挑戦してみてください。



では、次回をお楽しみに・・・



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。