―お花のアレンジ講師に憧れるあなたへ―

 アレンジメントフラワーを習っていると、いずれは自分の教室を持ちたいと憧れ、講師資格取得まで頑張ってる人は多いはず。資格取得には、レッスン教室で必要単位を取得し、認定試験に合格すれば、晴れて講師の資格が得られるのですが、まったくはじめてアレンジをする方の講師取得単位数は気が遠くなるほどです。ともすれば、途中で違う教室に変わってしまったり、アレンジ講師を諦めてしまったり・・・こんな道のりは遠いけれど、頑張ろうと思っている、またはすでに頑張っているあなたに、エールを贈ります。

 まず、講師の資格を取得するには、初級からこつこつと単位を消化して、マスターコースまで確実に身に付けていく方法と、ある程度基礎を修了した課程で、短期集中のコースを選択する方法があります。どちらを選ぶかは、ご自分の予算と予定で決めれば良いのですが、自分は何をしたいのか、何を習得したいのかはっきりさせてスクール選びをしないと、後で後悔することにもなりかねません。卒業後のバックアップもチェックしておいた方が良いでしょう。なぜなら、資格を取得したからといって、講師の一般公募はなかなか無く、単独でのスクール開設は難しいものがあります。ですが、やる気があれば出来ないことはないのです。せっかく資格を取ったのに、スクールを開設する自信が無いという言葉を良く耳にします。確かに、生徒の募集、確保には大変な努力を要しますが、それはどんなスクールでも共通の避けて通れない道なのだと思うのです。せっかく取得した講師の資格を無駄にしないよう、自信を持ってスクールの開設をして欲しいものです。

 では、自信をつけるためにどのようなレッスンをすれば良いかと言うと、スクールで習ったアレンジは、自分で納得の行くまで、何度でも繰返しやってみて、自分の物にしないと駄目だということです。そしてセンスを磨く為にあらゆるアレンジを見ると言うことも大切になってきます。お花だけでなく、絵画や風景、すべてのものに関心をもつことが、センスを磨くことにつながっていきます。トレンド情報もいち早くキャッチし、流行に敏感にならないといけません。ですが、四角四面で講師の資格を取得しても、生徒が果たして集まるでしょうか?講師という仕事は、技術を高めるだけでは、駄目なのです。生徒とのコミュニケーションが上手く取れる人が講師に向いていると言えます。ユーモアと気さくな話題作りを日頃から心がけるように気をつけるようにしていくと、人との接し方に自信がつき、楽しい、センスがいいと感じるスクールになり、自然と生徒は集まってくるでしょう。

 こうして講師への道を選んでも、終わりと言うわけではありません。常に新しい情報を得ていかないと、魅力あるスクール作りは出来ません。ですから、自分磨きに勉強を続けられる環境も大切になってきます。自分が卒業したスクールに研究科か何かあればよいのですが、無ければ、自分で見つけないといけません。また、いろんなイベントには、進んで参加するようにし、センスと技術の向上に努力を惜しまないようにすることが成功への鍵と言えるでしょう。

 いかがでしたか?憧れのフラワーアレンジメント講師への道は、努力の積重ねですが、本当にお花のことが心から好きであれば、こんな努力は努力の内に入らないのかもしれませんね。道のりは遠いと感じる人も多いかと思われますが、チャンスはいつ現れるかわかりません。夢は諦めずに追い求めていると不意に手に入ったり、近づいたりするものです。現に私がそうですから・・・そして次の時代はあなたが担っているかも知れません。チャンスは確実につかみとりましょう。あなたの夢が、叶いますように・・・。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。