文章:橋本 誠(All About「アート・美術展」旧ガイド)
仕事の合間にひと息つきたい。嫌なことがあったので少し気晴らしがしたい。そんな時に、美術館やギャラリーより気軽に行くことができたり、日常的に親しむことのできるアートグッズが手に入るスペースがあるといいものです。

今回ご紹介するアートブックとインテリアのショップ limArt(リムアート)は、正にそんな空間です。

「モノ」として魅力のある本を揃え
本を読む環境も提案

リムアート
リムアート
limArtで中心的に扱っているのは、欧米から直接買いつけをしてきた美術書や、国内外から集めた家具・インテリアなど。

特徴的なのは、その多くがある程度の時を経たものであり、「古書」や「古家具」といった言葉だけでは片づけられない味わいのある魅力を兼ね備えているところです。

オーナーの一人である中島佑介さんにお話を伺ったところ、本について言えば情報としてだけではなく、面白い印刷や製本をしているなど「モノ」として魅力のある本を集めていて、その本を読む環境を充実させるための家具やインテリアを想定して商品を揃えているとのこと。

確かに、お店の優しい照明や板張りの床など空間も一体となって、心地よい雰囲気をつくり出しているのです。

また店内に「マルチプルスペース」というギャラリースペースを設けて、お店の雰囲気に合ったアート作品の展覧会なども不定期に開催しています。2007年1月には近くに別館もオープンして、より多くの催し物を行っていくそうです。

リムアート
味わいのあるアートブックやインテリア、お店の空間が一体となって心地よい雰囲気をつくり出している

次のページでは、おすすめの商品をご紹介!