ラック
普段は同じように使われてしまっている「宿命」と「運命」という二つの言葉。実は大きな違いがあることをご存知ですか?
今回は、巷で、「宿命」とか「運命」とかいわれている言葉の意味と関係について少し考えてみましょう。

宿命と運命は違うもの

よく映画や本の中に、「宿命の対決」や、「運命に翻弄された若きヒロインの物語!」などと出てくるように、宿命だとか運命という言葉は、頻繁に私たちの日常に使われています。

使い方によっては、この二つは、ほぼ同義語として理解される場合も多いようですが、運命学やスピリチャルの世界では、これらの言葉は、深い相関関係にありながらも、まったく別のものとして考えられているんです。

ここで、二つのコンセプトの簡単な違いを説明してみたいと思います。「宿命」とは、「命が宿る」と表されるように、私たちがこの世の中に命を授かったときに、既に私たちの中に宿っていたものをさします。一方、「運命」とは、「命を運ぶ」、すなわち、自分たちの意思で、授かった命を運んでゆくという意味があるのです。

宿命は私たちの役割のこと?

ラック2
開運には、世の中における私たちの役割を知ることが大切
宿命は、「私たちが生まれてきたときには、既に決まっている」ということなので、私たちの努力では変えようがありません。

例えば、日本人に生まれれば、海外に移住して、永住権を取ろうとも、日本人として生まれたという事実は、一生変わらないわけです。こうしてみると、宿命とは、生まれつき決められてしまっている条件であり、いくら努力しても変えられないので、受身にとらえることしか出来ないものに思えます。

ところが、スピリチャルな世界では、この宿命に対して少し違った見方をしています。宿命は、実は、神様が勝手に私たちに与えた条件なんかではなく、私たちが生まれる前に「自分自身に課した課題である」と考えるのです。

そのように考えると、宿命とは、私たちが「こころの進化」を果たすために、自らの意思で選択した「人生という学校における学習カリキュラム」であり、同時に、私たちがこの世の中において果たさなくてはならない「役割」という事でもあるのです。

次のページでは宿命と運命の活用法を学びましょう!