心のなかのマシマロのような部分

恋文の技術
<DATA>タイトル:『恋文の技術』出版社:ポプラ社著者:森見登美彦価格:1,575円(税込)
そもそもなぜ守田は大量の手紙を書いているのか。希代の文通上手になって世界征服をするとか、会社を立ち上げるとか、冗談だらけの文章から、ちらちらと本当の理由が見えてくる。

それは、心のなかの一番傷つきやすく柔らかい部分にかかわること。自意識過剰でナイーブな自分にうっとりするのではなく、ちょっとずらしたり、距離をとって描く。森見登美彦はそういう技術にたけている。笑いながらも痛い部分を突かれる、実は油断ならない小説なのだ。

恩田陸の『ブラザー・サン シスター・ムーン』と書き方は違うけれど、書いていることの本質は同じ。青春時代ならではの“迂回”を読みたい。

【関連サイト】
この門をくぐる者は一切の高望みを捨てよ…森見登美彦のブログ。日常や新刊情報が綴られている。

サムネイルのクラゲ画像Photo by (c)Copro



【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で書籍を見る

Amazonで小説を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。