「人生銀行」の逆バージョン!?

君は永遠にそいつらより若い
<DATA>タイトル:『君は永遠にそいつらより若い』出版社:筑摩書房価格:1,470円(税込)
「人生銀行」という貯金箱があります。お金が増えるほど貯金箱の住人の生活がリッチになっていき、貯金のモチベーションにつながる、という仕組み。人気が出るのもわかります。

ところが、『ポトスライムの舟』でナガセが記録していくのは増えた金額ではなく、減った金額。目標金額を達成することにカタルシスはありません。そこが小説ならではの面白さ。

ナガセが自分の時間と交換したお金をどんなものと換えたのか。津村さんはそのディテールを丁寧に積み重ねていく。ドラマティックな出来事は起こりませんが、ナガセや周囲の人々の一つひとつの行動に、笑わされたり、身につまされたり、しみじみさせられたり、はっとさせられる。

読む時間を豊かな時間に換えてくれる小説です。芥川賞受賞も納得。

『ポトスライムの舟』はまだ本にはなっていないので、津村作品に興味を持たれた方は、「女の童貞」を主人公にしたデビュー作『君は永遠にそいつらより若い』から、どうぞ手にとってみてください。

【津村作品について書いた記事】
津村記久子の最新刊“アレグリア”とは?…2008年12月に発売された『アレグリアとは仕事はできない』の紹介記事です。
音楽に祝福された青春小説×2…野間文芸新人賞を受賞した『ミュージック・ブレス・ユー!!』を紹介しています。
第139回芥川賞候補作その2…前回の候補作『婚礼、葬礼、その他』を紹介しています。

【直木賞の記事はこちら】
第140回直木賞は2作同時受賞!…直木賞受賞作を紹介しています。



【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で書籍を見る

Amazonで小説を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。